一覧返信
日付:6月7日(土)10時41分
題名:Re:大ショック!あれもだめ!ニューヨークで飼ってはいけないペットたち「フェレット」「ハリネズミ」
投稿者:プロキオン

本来そこにいてはいけない動物だからだと思います。フェレットなんか家畜ではないかという意見もあるかと思いますが、遺棄された動物達がセントラルパークに逃げ込んで、そこの環境に影響を与えてしまうという話は耳にしたことがあります。
セントラルパークには、かなりの数の動物が生息しているようですし、また、一昔前にはニューヨークの下水道でワニが捕獲されたというようなニュースもあったと思います。
ワニと言えば、コミック「獣医ドリトル」の中でも外来生物法を扱った挿話のなかで、2005年にフロリダの国立公園で6フィートのワニを13フィートのビルマパイソンが飲み込もうとした事件が紹介されています。

生息環境や生態系への影響ということであれば、ヒキガエルであろうと鯉であろうと問題されることはあります。
そこにいるはずの無い動物が居たということであれば、まずは人間が介在していると考えれるべきかと思います。そのあたりの考え方については、欧米の方が割り切っているように思えます。




暗証番号

一覧返信
◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。