獣医師広報板トップページ獣医師と動物愛好家のコミュニケーション広場盲導犬などワーキングアニマルお薦め本
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん盲導犬などワーキングアニマルお薦め本
◆「お薦め本」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★お薦めコメントは、読者・出版社・著者・編集者などから送信されたもので、
 獣医師広報板の見解を代表するものではありません。
★獣医師広報板はアフェリエイト契約をいかなる会社とも結んでおりません。
★お薦めの本を気軽に以下のフォームでご登録ください。
文献登録・修正・削除フォーム(無料)
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

[盲導犬などワーキングアニマルリンク集] [セミナー・イベント]


きみと歩けば・・・
きみと歩けば・・・
出口 すみ子著
株式会社 水王舎
ISBN = ISBN9784-86470-006-1
ネット詳細サイト:Amazon

お薦め人:出版社

『全国学校図書館協議会選定図書』
"―― 盲導犬候補生の子犬――パピーをめぐる可笑しくて泣けるエピソードの数々。
そこから浮かび上がるのは、家族の成長物語。
それはどこにでもあるようで、ここにしかない物語でした。
予備校のカリスマ講師、出口汪とその妻・すみ子。
実は、盲導犬育成ボランティアが彼らのライフワークです。
「ペットを亡くし悲しい思いをしたくない」 「一年預かるだけで死に目に合わなくてすむ」 「かわいい子犬を何度も育てられる」 そう思って始めたはずの盲導犬飼育ボランティア、“パピーウォーカー" ついに出口家にやってきた、黒ラブ(ラブラドール・レトリバー)の女の子、ロンド。
盲導犬になる賢い犬のはずなのに、想像を絶する暴れん坊でした。
トイレの失敗にイタズラの連続、まるで子育てのような奮闘の日々。
しかし、そんな出口家に思いもよらぬできごとが降り掛かったのでした。
「これからどうする?」 「パピーウォーカーを続けるの?」 「もうこんな思いはしたくない……」 パピーが家に来るってどういうこと? そして、パピーウォーカーに必ず訪れる“その日"とは。
犬だけじゃない。確実に成長していく子供たち、そして家族の絆。
どこの家にでもあるような「日常」と、 思いもよらない「できごと」が、読む人を必ず優しい気持ちにしてくれます。

登録日:2014/09/10
超救助犬リープ
超救助犬リープ
石黒久人著
学芸みらい社
ISBN-10: 4905374359
ISBN-13: 978-4905374350
ネット詳細サイト:Amazon

お薦め人:出版社

本作は、救助犬リープと犬訓練士“担当”さんとの深い愛情が表現された心温まる物語です。
 人と犬との信頼関係に加え、リープの視線で展開される物語も軽快で、読者対象となる小学校高学年のお子さんたちにも、とても読みやすい文体です。
それに加えて、著者がアニメを意識して書いたという災害現場の描写も、ビジュアルが 明確に大迫力で迫ってくるリアルな描写が特徴です。
 救助犬のほかに警察犬、盲導犬、聴導犬など職業犬というと一見似たように見えてしまいます。
しかし、実は犬の性格によって、役割によって適性があることも作品を通じて知らせてくれます。
なかでも本書の主人公の救助犬について、いかに災害救助という危険と隣り合わせの中で、危険を厭わず活躍する存在であるのか、救助犬について理解を深めるストーリーとなりました。
訓練現場の密着取材したことによって、災害救助犬育成者からも圧倒的な支持を得ております。
 さらに、救助の中で奪われてしまういのちと主人公のリープの思いがつながっていくところ。
そのいのちの永遠性を説くファンタジックな描写は、大人も泣ける奇跡と感動の魂を揺さぶるストーリーとなっています。
 絵本作家の第一人者葉祥明氏も、その描写に大絶賛。
「この物語は災害救助犬活動の真の姿を通して、人と人、人と動物の間に愛と信頼ある限り、その絆は生と死を超えて永遠である、ということを感動と共に教えてくれる」と推薦文を寄こしていただけました。
 普通の救助犬とはちょっと違う運命を持ち、主人公のリープがなぜ『超救助犬』と呼ばれるようになったのか、災害救助のカテゴリーを超えた奇跡の物語です。
 災害救助というという社会性もあり、夏休みの課題図書として最適な作品です。

登録日:2014/07/11
マンガでわかる聴導犬 もっと身近に!耳の不自由な人を守る補助犬
マンガでわかる聴導犬
有馬もと著
明石書店
ISBN10: 4750335193
ネット詳細サイト:Amazon

お薦め人:著者

売り上げの一部は(福)日本聴導犬協会に寄付されます。
(福)日本聴導犬協会では、補助犬のユーザーさんと一緒に広報や普及活動などをしています。
特に「全日本聴導犬ユーザーの会」のメンバーにはお力添えをいただいてます。
楽しいです。できるだけ一緒に行動したり、お手伝いをしていただいてます。
 特に、聴導犬まつ君のユーザーである上原麻実さんとは聴導犬普及のための媒体をいくつか一緒に創らせていただいております。とても頼りにして います。
 その上原麻美さんと一緒に、福祉書籍の専門店である明石書店からー「マンガでわかる聴導犬」もっと身近に! 耳の不自由な人を守る補助犬ー(1600円外税)が上辞できました。
製作に1年以上もかかりましたが、もともとは独立行政法人・福祉医療機構様の助成金で創らせていただいた内容でできるはずが、一般向けには文が硬すぎということでまる書き換えになりました。
それは、ちょっと悲しいけど。
より良い仕上がりになりました。
 上原さんのマンガも追記、訂正がくわえられ、生まれ変わった編集になりました。
  (福)日本聴導犬協会でも「マンガ聴導犬」希望と明記の上、メールmoto@hearingdog.or.jpで、購買できます。
価格(1600円+外税)と(送料300円)でお送りできます。

登録日:2012/01/27
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−
さろん・かすたむす編
獣医師広報板電子図書
ネット詳細サイト:電子図書(pdfファイル)

編集者:りんママ

 第3版の改訂に際して、ハンドラーのインタビュー記事を追加し、統計データなどを更新しております。
 また、財務省(mof)チャンネルの「麻薬探知犬紹介動画」へのリンク許可をいただきましたので、麻薬探知犬の日々や活動を実際に見ることで、本の内容がより理解しやすくなったのではないかと思います。
 
 麻薬・覚せい剤の青少年への害悪が、近年特に懸念されております。好奇心やほんの軽い気持ちで言葉巧みに誘われ始めてしまうと、心も体も蝕まれてしまい、止めたくても止められない薬物依存症になってしまいます。そしてこれら麻薬類の殆どは密輸入品です。
 
 この本の主人公である税関の麻薬探知犬は1979年に日本に導入が決定され、その後国内認定第1号から導入35年を迎えました。
 麻薬探知犬の活躍を通じ、麻薬密輸の実情や国内の麻薬犯罪、これらに対する対策、麻薬とは何か、相談先などについてに紹介しています。

この本の初版は、税関出身者で、絵・書・陶芸など美術工芸を愛する者のグループ「くらぶ・かすたむす」が毎年の展覧会でのチャリティー収益金とご寄付により作成され、全国の図書館並びに小学校等へ約7000冊配布されております。 獣医師広報板は、その主旨に賛同をし、2006/01/01に第1版から無料で公開をしております。
麻薬・覚せい剤の害悪へ理解を深め、できるだけ多くの方の目にとまるような形でご活用して頂ければ大変ありがたいと思っております。

ご利用に際しては、本文末尾の利用上の注意事項をご一読の上ご利用下さるようお願いいたします。

【Windows10をご利用の方へ】
PDFファイルにサムネイルやしおり機能を表示させたい場合
1.Microsoft Edge(エッジ)では、pdfファイルのサムネイルやしおり機能はサポートされておりません。
機能を利用する際には、他のブラウザ(Firefoxやgoogle chromeなど)をご利用下さい。

PDFファイルをパソコンに保存する操作方法
1.保存したいPDFを画面に表示させる。
2.PDFの画面の上でマウスを右クリックして「名前付けて保存」をクリックする。
3.名前を付けて保存画面が表示されるので、保存先フォルダを選択
4.ファイル名をつけて「保存」をクリックする。
5.保存先のフォルダをクリックして開くとダウンロードして保存されたPDFファイルを開く事が出来ます。
登録日:2016/03/04
補助犬ジャーナル「補助犬研究」Vol.1
補助犬ジャーナル「補助犬研究」
日本補助犬研究所編 (福)日本聴導犬協会付属機関 日本補助犬研究所
ネット詳細サイト:日本聴導犬協会

お薦め人:出版社

日本で初めての補助犬専門のジャーナルを発行いたしました。
創刊号のテーマは「障害をもたれる方の自主選択、自由な意志を尊重した補助犬の普及をめざす」です。
A4版。48ページ。定価1500円。
執筆者は、国際補助犬パートナーズ協会会長のEd Eames博士の寄稿。
ペット政策研究所 吉田眞澄代表。財団助成センター堀内生太郎専務理事。
赤坂動物病院 柴内裕子院長、聴導犬問題対応委員会 委員長棚橋聰子(耳鼻咽喉科医)、全国脊髄損傷者連合会 成瀬正次副理事長、ユーザーからは、池田純(盲導犬ユーザー・長野県障害者自律支援センター所長)岸本淑子&宗也(全日本聴導犬ユーザーの会 副会長)、(福)日本聴導犬協会会長、国際アシスタンス・ドッグ協会理事(02-05年)の有馬もとなど、多彩です。
お問い合わせは(福)日本聴導犬協会にお問い合わせください。
登録日:2005/03/09
身体障害者補助犬法を知っていますか?
身体障害者補助犬法を知っていますか?
有馬 もと著
大月書店
ISBN-10:4272360434 ISBN-13:978-4272360437

ネット詳細サイト:Amazon

お薦め人:有馬 もと(著者)

補助犬ジャーナリストでもあり、聴導犬・介助犬の訓練士でもある著者が、中立の立場で、今回の身体障害者補助犬法の説明、施行までのプロセス、問題点、これから、そして受け入れ側へのお願い等を丁寧に執筆しております。
登録日:2003/06/16
災害救助犬トレーニングマニュアル
災害救助犬トレーニングマニュアル
スーザン・ブランダ著
緑書房(ペットライフ社)
ISBN-10:4938396440 ISBN-13:978-4938396442
ネット詳細サイト:緑書房

お薦め人:出版社

欧米では、自分の犬を飼い主がトレーニングして、災害救助犬を育てています。
日本でも、阪神大震災以来、各地で自分の犬たちのトレーニングを始める飼い主たちがでてきました。
著者のスーザン・ブランダは、アメリカのサーチ&レスキュー協会で長年にわたって災害救助犬を育成してきました。
そのノウハウのすべてがこの一冊に入っています。
登録日:2002/12/19
犬と歩いて 〜盲導犬ユーザーの詩〜
ワニブック
全日本盲導犬使用者の会
ISBN-10:4847014766 ISBN-13: 978-4847014765
ネット詳細サイト:ワニブック

お薦め人:ハーブママ(読者)

盲導犬ユーザーとその他のボランティアの方の生の声をそのまま伝える犬への思いを綴った暖かい本です。
犬への愛、人への愛、そして頑張らなければと言う気持ち。
そんなことを教えてくれる本です。
構成 石黒謙吾(盲導犬クイールの一生の著者)
登録日:2002/11/13
アシスタンス・ドッグ
有馬 もと著
大月書店
ISBN-10:427236023X ISBN-13:978-4272360239
ネット詳細サイト:大月書店

お薦め人:有馬 もと(著者)

国際アシスタンス・ドッグ協会(世界65団体加盟)の理事に就任した著者が、盲導犬・聴導犬・介助犬、そしててんかんや糖尿病の発作を予知するアラート犬など、英国の先進的な育成団体を取材ルポ。
育成団体の歴史から、そのシステムまでを紹介しています。大学の卒論等に数多く利用されています。
わかりやすく、たのしい解説書です。2001年暮れに第2版刷新。
登録日:2002/04/03
聴導犬ものがたり 捨て犬みかんとポチ
聴導犬ものがたり 捨て犬みかんとポチ
有馬 もと著
佼成出版
ISBN-10:4333019141 ISBN-13:978-4333019144
ネット詳細サイト:Amazon

お薦め人:有馬 もと(著者)

捨て犬みかんとポチの成長を通して、聴導犬に訓練する(特)日本聴導犬協会の人と人とのかかわりや育成方法や、動物保護に対する姿勢を紹介します。
長野県小・中学校指定図書になりました。児童書ですが、大人にも楽しんでいただける図書です。
登録日:2002/04/03
介助犬シンシア
介助犬シンシア
木村佳友&毎日新聞阪神支局取材班著
毎日新聞社
ISBN-10:4620314315 ISBN-13:978-4620314310
ネット詳細サイト:毎日新聞

お薦め人:木村佳友(著者)

毎日新聞(大阪府・兵庫県全域)で、連載中の「介助犬シンシア」が本になることになりました。介助犬の仕事や現状が、当方とシンシアの体験をもとに描かれ、介助犬を取り巻く人たちの活動も描かれています。
印税はすべて、毎日新聞大阪社会福祉事業団「シンシア基金」に寄付され、介助犬の育成・普及に役立てられます。
登録日:2000/03/13

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



ピチピチママのスーコです。
まだ2歳にもならないよ
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 9月は「ピタッと吸着タイルマット 大判サイズ モノグラム柄・6枚」です。
滑るフローリングの安全に、敷き詰めやすい大判サイズ
☆床に置くだけで吸盤のようにピタッと吸着。
 掃除機をかけても動きません!
☆何度でも貼って剥がせて、床に傷もつきにくい!
 粘着テープのようなベタベタもなし。
 ※経年劣化がある場合は、はがす際に床表面に損傷が出る場合がございます。
☆汚れたマットは、そこだけ取り外して洗濯機へ。
☆天然カテキンの消臭力もプラス。
☆床暖房OK!
1名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(8月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(35,137)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(33,842)
  3. 動物よくある相談( 27,445)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(15,563)
  5. 犬のカロリー計算(14,124)
  6. 猫のカロリー計算(12,935)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(10,743)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,534)
  9. 動物の愛護セミナイベント(6,373)
  10. 野生動物保護窓口(4,943)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★WEB講座
★〜10月8日:京都府京都市
★〜10月19日受付:東京都目黒区
★〜11月12日:神奈川県横浜市
★9月27日:和歌山県田辺市,10月2日:御坊市,4日:新宮市,19日:串本町
★9月29日締め切り
★9月29日-10月29日:愛知県名古屋市
★9月30日:東京都世田谷区
★10月7日:神奈川県逗子市
★10月7日・8日:東京都新宿区
★10月9日:東京都渋谷区
★10月12日:京都府京都市
★10月14日:京都府京都市
★10月14日:東京都武蔵野市
★10月14日:大阪府大阪市
★10月14日,15日:兵庫県神戸市
★10月15日:北海道帯広市
★10月17日-22日:東京都渋谷区
★10月21日:東京都渋谷区
★10月21日:滋賀県近江八幡市
★10月21日-22日:宮城県気仙沼市
★10月21日,22日,28日,29日:大阪府大阪市
★10月22日:京都府京都市
★10月28日-29日:東京都文京区
★11月11日:東京都武蔵野市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★平日:熊本県熊本市
★水曜日〜日曜日:茨城県水戸市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★9月27日:沖縄県南城市
★9月28日:千葉県富里市
★9月28日,10月1日:福岡県北九州市
★9月30日:福岡県福岡市
★9月30日:愛知県名古屋市
★9月30日:宮城県仙台市
★9月30日:埼玉県川越市
★9月30日:東京都青梅市
★9月30日:千葉県柏市
★9月30日:愛知県名古屋市
★10月1日:東京都港区
★10月1日:東京都清瀬市
★10月1日:岡山県倉敷市
★10月1日:東京都町田市
★10月1日:東京都台東区
★10月1日:東京都港区
★10月1日:長崎県諫早市
★10月1日:大阪府大阪市
★10月1日:大阪府東大阪市
★10月1日:山形県天童市
★10月1日:東京都中央区
★10月1日:兵庫県神戸市
★10月1日:兵庫県宝塚市
★10月1日:愛知県名古屋市
★10月1日:東京都板橋区
★10月1日:山梨県甲府市
★10月1日:東京都葛飾区
★10月1日:栃木県那須塩原市
★10月1日:山梨県笛吹市
★10月1日:岡山県岡山市
★10月1日:埼玉県さいたま市
★10月1日,15日:青森県八戸市
★10月7日:茨城県笠間市
★10月7日:茨城県つくば市
★10月7日:東京都港区
★10月7日:北海道札幌市
★10月7日,8日:北海道上富良野町
★10月7日:福井県鯖江市,10月14日:福井市,10月28日:大野市,11月25日:あわら市
★10月8日:栃木県那須郡
★10月8日:埼玉県川越市
★10月8日:茨城県つくば市
★10月8日:大阪府大阪市
★10月8日:東京都大田区
★10月8日:埼玉県新座市
★10月8日:東京都町田市
★10月8日:埼玉県所沢市
★10月8日:神奈川県鎌倉市
★10月8日:千葉県船橋市
★10月8日:奈良県大和高田市
★10月8日:東京都渋谷区
★10月8日:秋田県秋田市
★10月8日:愛知県刈谷市
★10月8日:神奈川県横浜市
★10月8日:東京都中野区
★10月8日:群馬県高崎市
★10月8日,9日:東京都世田谷区
★10月8日,15日,22日,29日:東京都葛飾区
★10月9日:大阪府大阪市
★10月9日:東京都葛飾区
★10月11日,15日,29日:千葉県流山市
★10月14日:福岡県北九州市
★10月15日:東京都渋谷区
★10月15日:東京都練馬区
★10月15日:三重県三重郡
★10月15日:東京都東村山市
★10月15日:茨城県土浦市
★10月15日:福井県福井市
★10月15日:東京都江戸川区
★10月15日:東京都目黒区
★10月15日:東京都世田谷区
★10月15日:和歌山県和歌山市
★10月15日:神奈川県大和市
★10月15日:大阪府大阪市
★10月15日:長崎県大村市
★10月20日:千葉県柏市
★10月21日:東京都渋谷区
★10月21日:神奈川県茅ヶ崎市
★10月21日:大阪府高槻市
★10月21日:大阪府堺市
★10月22日:東京都目黒区
★10月22日:千葉県市川市
★10月22日:千葉県千葉市
★10月22日:東京都世田谷区
★10月22日:東京都町田市
★10月22日:神奈川県横浜市
★10月22日:神奈川県川崎市
★10月22日:大阪府堺市
★10月22日:東京都葛飾区
★10月22日:東京都清瀬市
★10月28日,29日:神奈川県藤沢市
★10月29日:東京都豊島区
★10月29日:千葉県柏市
★10月29日:神奈川県綾瀬市
★10月29日:埼玉県戸田市
★10月29日:大阪府枚方市
★10月29日:岡山県岡山市
★11月3日:奈良県橿原市
★11月12日:東京都八王子市
★11月18日:東京都豊島区
★11月26日:東京都葛飾区
★12月3日:東京都杉並区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

[盲導犬などワーキングアニマルリンク集] [セミナー・イベント]

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。