◆モバイル◆
獣医師広報板
動物よくある相談




中型犬の保定
文章:りんママ
初出:2006/01/17

1.イヌの頭部を抱きかかえるようにしてイヌの首に腕を下から回します。
もう一方の腕は、イヌの腰部に回しておきます。
保定者の胸にイヌの体を引き寄せてイヌとの隙間ができないようにします。
首に回した腕の脇は締めるようにします。

中型犬の保定 犬座位(抱く)

2.イヌと同じ方向を向いて、イヌをまたいで自分の両足の間にいれます。
両手で首輪やイヌのほほをつかんで頭部を固定します。
両足でイヌの肩を挟むと動きんでください。

中型犬の保定 (足の間)

ポイント;イヌの首に軽く腕を回しておき、もう片方の手でイヌの腰部を軽く押して、「お座り」させます。
この際、股関節の後方を軽く前方へ押して「お座り」を促してもかまいません。
犬の首輪に親指をかけることで頭部が固定されやすくなります。

利用上の注意
動物よくある相談メニュー

◆獣医師広報板は
町の犬猫病院の獣医師が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。 @mukumuku_vetsさんをフォロー

このページはモバイル獣医師広報板(R)の1部です。
Copyright(C) 1997-2019