◆モバイル◆
獣医師広報板
動物よくある相談




大型犬の保定
文章:りんママ
初出:2006/01/17

1.犬座位の場合は、両手でイヌの首輪を持ったり、ほほから耳を押さえる(頭部を抱きかかえる)ようにして保定者に引きつけて下さい。

大型犬の保定 犬座位

2.立位の場合は、イヌと同じ方向を向いて、イヌを自分の両足の間にいれます。
両手でイヌの首輪やほほをつかんで頭部を固定します。
両足でイヌの身体をしっかりと挟んでください。

大型犬の保定 立位

ポイント;首輪を押さえるので、首輪抜けしないようにきつめ(指1本が入るくらい。)に締めて下さい。
特に、北方系の犬種(シェパード、ハスキー、秋田犬など)は、アンダーコート(下毛)が深いので、引きつけた時に首輪が抜けないように気を付けて下さい。
イヌが腰を落とす場合には一人がイヌと対面になり前部(頭部)を押さえ、もう一人が後部(尻)を下から手を回して腰を持ち上げます。

利用上の注意
動物よくある相談メニュー

◆獣医師広報板は
町の犬猫病院の獣医師が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。 @mukumuku_vetsさんをフォロー

このページはモバイル獣医師広報板(R)の1部です。
Copyright(C) 1997-2019