◆モバイル◆
獣医師広報板




あきらめないで!迷子動物・保護動物 帰宅実例集29
迷子うさぎ>うさんぽ中に逃がす、 貼り紙をお願いしに行った先が保護主だった
編集:りんママ
初出:2010/09/21

■迷子になった日 2010/09/09
■帰宅した日 2010/09/13
■状況 うさんぽしている時に目を離した好きに逃げた
■届出先機関  警察署
■発見の決めて 貼り紙をお願いしに行った先が保護主だった
------------------------------
<プロフィール>
めろ(ロップイヤー8ヶ月)
迷子になった時、ピンクのリード


=====================

うさぎが行方不明になっていましたが、無事に発見できてとても嬉しいです。うさぎは暑さにとても弱いうえ、野良猫に捕らえられる可能性も高いです。いなくなってから毎日毎日自分を責め、泣いてばかりでした。

迷子になったのは夜中に公園へ行き、うさんぽをしてる時でした。リードをちゃんと引っかけたつもりでしたが、彼氏と遊んでてちょっと目を離した隙に…(;_;)探しましたが見つかりませんでした。

もう諦めてました。死んじゃってる…そんな気がして、現実を受け入れたくなくて…だったらいい人が拾ってくれてると思い込みこのまま探さない方がいいんじゃないかと。居なくなった時になんで目を離したんだろう、なんでもっと可愛がってあげられなかったんだろう…とても後悔しました。彼氏に「どんな姿で見つかったとしても今探さなかったらもっと後悔するんじゃないかな」と言われ数日経ってしまいましたが探すことにしました。

うさぎが居なくなってから毎日泣いて、優しくしてくれる彼氏にも嫌な態度をとってしまったり、食欲がなくなったり…精神的にやられてましたが、うさぎを探している時だけは気持ちが前向きでした。

私は無知でしたので色々なサイトを周り調べました。ここのサイトはとても便利でした♪都道府県別に保健所の番号などが載せてあったり、電話した方がいい団体が載っていたからです。私がしたことは、警察への届け出、近隣の方への聴き込み、動物病院、ペットショップへ電話です。市役所と保健所は土日の為営業していませんでした。それと彼氏に迷子の貼り紙を作ってもらいました。

迷子になった公園の周りは大きなマンションがいくつもあり、掲示板に貼り紙を貼らせていただいたら何か情報が得られるかもと思い、月曜日の朝、掲示板を管理しているらしき団体へ向かい、貼り紙を貼らせて下さいとお願いしに行きました。

すると…奇跡的にその団体の方がうさぎを保護してくださってました。感動の再会(;_;)嬉しい気持ちと安心した気持ちで号泣でした(;_;)ニンジンを与えてくださってました。傷もありませんでした。がリードで足が縛られていたため、庇うような歩き方、尿が出ない、糞が小さいので動物病院に行きましたが、骨折ではなく、尿も水を飲んでいなかったからかもしれないから前の生活に戻して下さい。と言われ、足は何時間後には治り、尿も次の日にはちゃんとしてました(*^^*)

保護していただいた場所は家からとても近いところでした。

リードに電話番号を書いていたら、すぐに見つかっていました。うちの子に限って迷子になることはない、と他人事のように思われがちですが、いつ、何があるか分かりませんので、書いておいたほうがいいと思います。

うさぎのいる生活が当たり前になっていましたが今回のことがあって、私にとってうちの子がどれだけ大切な存在かわかりました。生き物だからいずれはお別れがくる。その時に後悔しないように一緒に過ごせる時間を大切にしようと思いました。

今回の件に関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。
みなさんのペットが
一日も早く見つかりますように、、、。

〔飼い主さんの了解の上頂いたメールを公開しています。〕

利用上の注意
動物よくある相談メニュー

◆獣医師広報板は
町の犬猫病院の獣医師が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。 @mukumuku_vetsさんをフォロー

このページはモバイル獣医師広報板(R)の1部です。
Copyright(C) 1997-2019