獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー妊娠と赤ちゃんと動物と
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん妊娠と赤ちゃんと動物と
文章:チーちゃんのママ
初出:2002/06/07
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


ペットを飼っていて妊娠をすると、「お腹の子に悪いからペットを飼うのをやめなさい」と言われることはありませんか?
特に初産の方に多いようですね。
そして愛するペットと別れなければならない思いに心痛めるのです。
では本当にペットは危ないのか。
いいえ、とんでもない(^^)
これは何も妊娠したからと言うのでなく守らなければいけないことですが、キチンとした知識を身につけていくつかの注意事項を守れば、安心してペットと赤ちゃんの誕生を待つことが出来ます。
以下、今まで獣医さん達に伺ったお話や経験をもとに、お話してみますね。
(一応この文章は、何人かの獣医さん達にチェックしてもらいました。)

一番皆さまからの相談で多いのが「ネコのトキソプラズマ」でしょうか。
これはトキソプラズマと言う原虫(細菌やウィルスのように小さい)が、ネコの排泄物から人に感染すると流産や奇形が生ずる、と言うものです。
ではどういうときに流産や奇形になるのか。
一度に大量に感染する→流産。
妊娠初期に感染した場合→水頭症の赤ちゃんの可能性
と言うわけで、子供が出来たと言うと回りの人は「ネコを飼うのはやめなさい」と言うのです。
また産婦人科でも妊娠発覚直後のトキソプラズマ検査の結果で高い抗体値を持っていると、お医者様は堕胎を勧めてしまったりします。

ここでポイント。
トキソプラズマは妊娠中の感染が問題である。
そうです。「妊娠中に初めて感染する」のが問題なのであって、妊娠前に感染し、すでに抗体がある場合は問題なし、なのです。
ですから産婦人科の検査で高い抗体値が出ても、2〜3週間後に再検査をして4倍とか8倍とかに抗体値が上昇していなければ、これは古い感染であり、赤ちゃんへの心配はありません。
1回で古い感染か新しい感染か分かる検査もあるそうですので、そのあたりは産婦人科で相談してみてください。

中には「長いことネコを飼っているから抗体はあるはず」と思っていらっしゃる方、私も10年ほど一緒でしたが、妊娠直後の検査は陰性でした。
ネコが感染してなければ、人に抗体の出来るはずもありませんね。
ですから必ず検査は受けて下さい。

次に感染が認められなかった場合、次のことを頭に入れてください。
・ 感染源はある一定の時期しか排せつされない。その時にはネコの具合も悪い。
・ 人間への感染性を有するまでには排せつ後48時間位の時間が必要。
と言うわけで、まさか室内飼いの場合にはそんな長い時間ウンチを放置しないでしょうから、心配無し。
外飼いの場合はお庭でするでしょうが、慎み深いネコは必ず土の中に埋めますので、ガーデニングなどで土いじりをするときには気をつけましょう。
いずれにしてもネコのトイレの掃除は家族がしてあげたり、本人がするときは炊事用の手袋をしたり、手洗いを慣行したりの安全策をとりましょう。

さてネコのトキソプラズマ以外には何が心配でしょう。
これはもう妊婦さんでなくとも気をつけなくてはならないお話。
オウム病やサルモネラ菌、結核その他雑菌、アレルギー等々。
・ まずは飼っているペットの健康を守ること。
定期的に獣医さんで健康診断をしてもらうことは、大切なことです。
第一、 健康なときにカルテを作っておくと、いざというときにペットのためにもなりますし、普段から獣医さんにペットが慣れておくことも大切です。
また、シャンプーしたりブラッシングをしたり爪を切ったりと、要は人間と同じに体の清潔を守る事も忘れずにしてあげましょう。
食生活も大切。生の材料を餌に使うときは良く火を通して下さいね。
・ 出来るだけ外出させない。
犬はお互いに予防注射などをしていますからまだ良いのですが、ネコは野良猫もいますので、ネコエイズや白血病等も心配です。
出来たら室内飼いが安心。
ネコは室内飼いでもストレスが少ないそうですよ。
要は外の動物から感染させない注意が、必要だと言うことです。
・ ペットと過度の接触をしない。
口移しで食べ物を与えていませんか?
以前見たTVでは、自分のお箸でペットに御飯をおすそ分けしていて、病気になった人が出ていました。
こうした事は健康な人は平気でも、抵抗力のない人(お年寄り、子供、病気中の方等)や抵抗力が落ちている時(妊婦さんも)は感染する危険性があります。
いずれにしても口移しや食器の共有は健康な人でもやめましょう。
その他キスをする、一緒に寝る…これはするなとまでは言えませんが、人が感染しやすい状態のときはやめましょうね。
・ 手洗いの慣行。
これはもう説明はいらないかと。
感染予防の第一歩です。
特にトイレ掃除・ケージ掃除・ペットの食器をいじった後等は念入りに。
動物に触った後や食事の支度や食事前の手洗いは、しっかり習慣にしてしまうと安全ですね。
・ 赤ちゃんとペット
これは出産後のことですが、赤ちゃんとペットが一緒にいるときは、大人が必ずそばにいるようにしましょう。
精神状態が安定しているペットは、赤ちゃんを受け入れる状態になります。
生後間もない赤ちゃんにペットが触れることは制限しなくてはなりませんが、新しい家族を認識させることも大切です。
特に犬猫はちゃんと認識することも可能です。

我が家で言えば、初めて赤ちゃんを家に連れ帰るとまずは「ほら新しい家族よ」と見せました。
その後愛猫が赤ちゃんを舐めたり乗ったりする事もなく、いつもベッドの側で見守る様に寝そべっていました。
またこのネコはかなりきつい性格の人嫌いな雌ネコでしたが、不思議と子供には寛容で、訳も分からずしっぽや体を握って振り回す子供にジッと耐えていました。
その時の困ったような顔は今でも忘れられません(^^) 
子供にとりペットと言うものは、時として人間の大人では埋められない心のすき間や傷を癒してくれる事があります。
そうして命を大切にする心も育てて行くのですね。
ですから、衛生面や安全面に気をつけて、心豊かに一緒に暮らしていきたいですね。


ウチは大丈夫。そう言っていて何かあってからでは、人も動物も不幸になります。
愛するペットとともに出産を待つことは嬉しいものです。
特に初産婦さんでは、ペットと一緒にいる事で心が安らぐというメリットは大きいものです。
つわりで苦しいとき、マタニティ・ブルーのとき、彼らにどれほど慰めてもらえるか。
犬猫をなでるとき、小鳥や小動物の仕種にほほ笑むとき、人は穏やかな気持ちになり血圧も心拍数も安定します。
お腹の子供にも良いことですね。

家族や愛するペットと、やがて生まれる家族を待つ日々は、暖かい日だまりにも似ています。
周囲の皆さんも、ペットが妊娠に及ぼす危険性ばかりにとらわれて、妊婦さんを不安定な精神状態にしないように、理解・協力して上げて下さると嬉しいです。

関連サイト:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



これから野に返します。
エゾフクロウ
渡会
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 12月は「ピタッとパウ柄階段マット・すべり止め付 ベージュ」です。
3名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(9月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(43,259)
  2. 飼い主募集セミナイベント(41,335)
  3. 動物よくある相談(36,937)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(18,489)
  5. 犬・猫と人間の年齢換算表(15,451)
  6. 犬のカロリー計算(14,172)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(13,291)
  8. 猫のカロリー計算(11,693)
  9. 動物の愛護セミナイベント(6,363)
  10. イヌセミナイベント(4,775)
コンテンツ別アクセス数

◆新着FAQ

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★〜12月5日:広島市,12月10日-12月26日:名古屋市,12月30日-1月15日:福岡市
★〜2017年1月15日
★12月3日-4日:東京都品川区
★12月3日-4日:山形県鶴岡市
★12月4日:東京都豊島区
★12月4日:三重県津市
★12月4日・21日:京都府京都市
★12月7日:福岡県福岡市
★12月10日:京都府京都市
★12月10日:神奈川県横浜市
★12月11日:広島県広島市
★12月11日:山梨県上野原市
★12月11日:大阪府吹田市,12月18日:大阪府大阪市
★12月17日-18日:東京都武蔵野市
★12月18日:宮崎県宮崎市
★12月22日締め切り
★12月23日:東京都府中市
★12月26日:千葉県鴨川市
★2017年1月9日:京都府京都市
★2017年1月21日:東京都武蔵野市
★2017年1月23日締め切り
★2017年1月29日:埼玉県越谷市
★2017年2月4日:神奈川県川崎市
★2017年2月5日:大阪府大阪市
★2017年2月19日:埼玉県さいたま市
★2017年3月26日:仙台・東京・名古屋・大阪・福岡

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★12月3日,4日:北海道上富良野町
★12月3日,4日:東京都世田谷区
★12月4日:神奈川県鎌倉市
★12月4日:千葉県市川市
★12月4日:東京都港区
★12月4日:東京都町田市
★12月4日:東京都清瀬市
★12月4日:東京都渋谷区,世田谷区
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:大阪府大阪市
★12月4日:兵庫県神戸市
★12月4日:岡山県倉敷市
★12月4日:岡山県岡山市
★12月4日:東京都葛飾区
★12月4日:神奈川県平塚市
★12月4日:愛知県名古屋市
★12月4日:群馬県高崎市
★12月4日:埼玉県朝霞市
★12月4日:山梨県笛吹市
★12月4日:東京都葛飾区
★12月4日:東京都板橋区
★12月4日:宮崎県大字国富町
★12月4日:山梨県甲府市
★12月4日:栃木県那須塩原市
★12月7日,14日,21日:沖縄県南城市
★12月10日:福岡県北九州市
★12月10日:東京都港区
★12月10日:愛知県名古屋市
★12月10日:東京都江東区
★12月10日:東京都江東区
★12月10日:福井県福井市
★12月11日:東京都大田区
★12月11日:埼玉県新座市
★12月11日:東京都町田市
★12月11日:千葉県船橋市
★12月11日:大阪府大阪市
★12月11日:茨城県つくば市
★12月11日:神奈川県大和市
★12月11日:東京都渋谷区
★12月11日:神奈川県横浜市
★12月11日:東京都中野区
★12月11日:東京都中央区
★12月11日:東京都中央区
★12月11日,17日:長野県長野市
★12月11日,25日:東京都渋谷区
★12月14日:兵庫県姫路市
★12月17日:神奈川県茅ヶ崎市
★12月17日:大阪府高槻市
★12月17日:千葉県流山市
★12月18日:東京都渋谷区
★12月18日:東京都練馬区
★12月18日:三重県三重郡
★12月18日:東京都東村山市
★12月18日:茨城県土浦市
★12月18日:東京都江戸川区
★12月18日:神奈川県横浜市
★12月18日:大阪府大阪市
★12月18日:東京都目黒区
★12月18日:大阪府堺市
★12月25日:東京都世田谷区
★12月25日:東京都葛飾区
★12月25日:三重県鈴鹿市
★2017年1月7日:茨城県笠間市
★2017年1月7日:茨城県つくば市
★2017年1月15日:大阪府大阪市
★2017年1月22日:神奈川県川崎市
★2017年2月19日:東京都北区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2016 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。