獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー避妊去勢手術によってブルセラ病が治癒しえるかについて
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん避妊去勢手術によってブルセラ病が治癒しえるかについて
文章−プロキオン(獣医師) 初出:2007/03/09
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


巷間には、「ブルセラ病の犬を避妊去勢手術して、抗生物質を投与すれば、この病気は治癒するので、そのまま飼育することが可能である」という説が流れているそうですが、これはそう簡単な話ではありません。
獣医師で細菌検査に携わる人達が読んでいる成書に次のような記述があります。

「ブルセラ属の細菌は、いずれも人や固有の宿主以外にも、すべての家畜に起病性をもっている。感染は経口、経粘膜、経皮などあらゆる経路から成立し、侵入菌はまず局在リンパ節で増殖後、菌血症を起こし、次いで種々の器官に侵入する。その後、経過とともに乳房関係に限局する傾向があり、乳汁から排菌される。
( 中略 )
ブルセラ菌の体内分布
下顎リンパ節25%、咽背リンパ節23%、耳下リンパ節13%、肺12%、肝臓5%、脾臓12%、腎臓5%、胎児43%、胎盤15%、卵巣9%、子宮12%、坐骨リンパ節63%、腸骨リンパ節51%、乳房リンパ節73%、乳房21%、乳汁56%、骨髄7%、腋窩リンパ節17%、肩前リンパ節22% 」

というブルセラ菌の体内分布の比率の数値があります。
これは、ブルセラ菌を分離するためには、どの組織を検査材料としたらよいかを示したものです。
(下顎リンパ節を例にとれば、100例検査したら25例からブルセラ菌が分離されたという読み方をします。)
この体内分布によれば、子宮や卵巣の分布率が決して高くないことが分かります。
前段に引用した文章と併せると、子宮や卵巣を犬から取り除いても犬からブルセラ菌が感染する危険がなくなるわけではないことがお分かりになると思います。
子宮や卵巣をはるかに上回る比率で菌が存在する組織があるからに他なりません。
手術ではブルセラ病を治癒させることはできませんし、排菌を抑制することとはなりません。
また、ブルセラ菌を分離する際には、一般的には「血清加寒天培地が用いられますが、この培地では、他の細菌もいっしょに培養されてしまい、狙った細菌の単離に支障が生じることもあります。
そのような時には、ブルセラ菌だけが培養される選択培地を使用します。
この選択培地には他の細菌の発育を抑制して、ブルセラ菌だけがとりださせるように複数の抗生物質が添加されます。
ポリミキシンB・バシトラシンがそれであり、アクチジオン(抗黴剤)も添加されます。
つまり何を言いたいのかというと、生来よりある種の抗生物質に対して耐性を有しているブルセラ菌に対して、薬剤感受性試験を実施しないまま、やみくもに抗生物質を投与することが好ましくないということなのです。
ブルセラ菌に対しては、薬剤感受性試験を実施してから抗生物質を選択するべきではないでしょうか。
今現在で、この検査を実施可能なのは大阪府だけです。
「避妊去勢手術を実施して抗生物質を投薬して、さあ治癒しました。もう安全だから、里親さん引き取って下さい」では、この病気の危険性はなくなっていませんし、病気の犬に手術侵襲を与えるだけのことにすぎません。
むしろ病気を拡散させてしまうことになります。
細菌学的にも、公衆衛生学的に賛成できる説ではないと思います。

管理人注:獣医師広報板では以前よりブルセラ症とブルセラ病の両表示を使用してきましたが、2010年10月17日よりブルセラ病に表記を統一しました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



春の便りのオオイヌノフグリ
『虫メガネ研究所』
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 12月は「キャットハンモックタワー ブラウン」です。
好きなハンモックでトロける満足顔♪超大きい2個のハンモックで大きな体の子もすっぽり!
一番高いところにゆらゆら心地よい大きなハンモック。見晴らしが良くて、まるく落ち着いて眠れます。
たっぷり上下運動ができる高さ168cmのハイタイプの置き型タワーで、長い爪とぎや上り下りしやすいステップなど猫ちゃんに愛されるポイントがいっぱい!
1名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(9月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(47,183)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(27,664)
  3. 動物よくある相談( 25,356)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,482)
  5. 犬のカロリー計算(13,243)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(12,955)
  7. 猫のカロリー計算(11,377
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,690)
  9. 動物の愛護セミナイベント(9,536)
  10. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(3,771)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜2018年1月14日:神奈川県横浜市
★〜2018年3月20日:東京都小金井市
★12月22日締め切り
★12月23日-1月8日:和歌山県西牟婁郡
★12月24日:京都府京都市
★12月26日:東京都江東区
★2018年1月13日:石川県能美市
★2018年1月14日:熊本県熊本市
★2018年1月20日:大阪府八尾市,21日:大阪府羽曳野市
★2018年1月20日:新居浜市,2月10日:西予市
★2018年1月21日:大阪府大阪市
★2018年1月21日:神奈川県厚木市
★2018年2月4日:大阪府大阪市
★2018年2月17日・18日:東京都千代田区
★2018年2月20日-4月8日:神奈川県横浜市
★2018年3月18日:東京都豊島区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★平日:熊本県熊本市
★水曜日〜日曜日:茨城県水戸市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★12月19日:神奈川県横浜市
★12月20日:沖縄県南城市
★12月20日,23日:北海道札幌市
★12月21日:千葉県富里市
★12月22日,23日,24日:北海道札幌市
★12月23日:大阪府大阪市
★12月23日:東京都江東区
★12月23日:岡山県岡山市
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都渋谷区
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都青梅市
★12月23日:千葉県柏市
★12月23日:埼玉県蓮田市
★12月23日:愛知県豊橋市
★12月23日:愛知県名古屋市
★12月23日:神奈川県横浜市
★12月23日,24日:東京都葛飾区
★12月23日:福井県鯖江市,1月13日:福井市
★12月24日:東京都葛飾区
★12月24日:埼玉県所沢市
★12月24日:福岡県北九州市
★12月24日:愛知県名古屋市
★12月24日:埼玉県川越市
★12月24日:東京都中央区
★12月24日:東京都中野区
★12月24日:群馬県高崎市
★12月24日:東京都三鷹市
★12月24日:千葉県流山市
★12月24日:愛媛県松山市
★12月24日:東京都板橋区
★12月24日:山梨県甲府市
★12月24日:東京都葛飾区
★12月24日:栃木県那須塩原市
★12月24日:山梨県笛吹市
★12月24日:埼玉県さいたま市
★12月24日:東京都中央区
★12月24日:埼玉県川越市
★12月24日:岡山県岡山市
★12月24日:愛媛県松山市
★12月24日:福島県郡山市
★12月27日:大阪府大阪市
★2018年1月6日:茨城県笠間市
★1月6日:茨城県つくば市
★1月6日:大阪府門真市
★1月6日,7日:北海道上富良野町
★1月7日:東京都港区
★1月7日:東京都清瀬市
★1月7日:東京都町田市
★1月7日:三重県亀山市
★1月7日:長野県上田市
★1月7日:東京都西東京市
★1月7日:岡山県倉敷市
★1月7日:埼玉県川越市
★1月7日:兵庫県神戸市
★1月7日,14日:兵庫県神戸市
★1月8日:大阪府大阪市
★1月8日:京都府京都市
★1月13日:福岡県北九州市
★1月13日:東京都世田谷区
★1月13日:三重県鈴鹿市
★1月14日:神奈川県横須賀市
★1月14日:茨城県つくば市
★1月14日:千葉県船橋市
★1月14日:大阪府大阪市
★1月14日:東京都大田区
★1月14日:埼玉県新座市
★1月14日:東京都町田市
★1月14日:愛知県名古屋市
★1月14日:神奈川県横浜市
★1月14日:東京都新宿区
★1月14日:大阪府大阪市
★1月19日:千葉県柏市
★1月20日:東京都豊島区
★1月20日:東京都豊島区
★1月20日:神奈川県茅ヶ崎市
★1月20日:大阪府高槻市
★1月20日:大阪府堺市
★1月20日:東京都世田谷区
★1月21日:愛知県刈谷市
★1月21日:東京都練馬区
★1月21日:三重県三重郡
★1月21日:東京都東村山市
★1月21日:福井県福井市
★1月21日:神奈川県横浜市
★1月21日:東京都江戸川区
★1月21日:北海道室蘭市
★1月21日:千葉県東金市
★1月21日:和歌山県和歌山市
★1月21日:神奈川県鎌倉市
★1月27日:愛知県日進市
★1月28日:神奈川県川崎市
★1月28日:東京都世田谷区
★1月28日:東京都町田市
★1月28日:大阪府堺市
★2月25日:東京都葛飾区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。