獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューペットに咬まれたり掻かれたら(カプノサイトファーガ感染症)
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんペットに咬まれたり掻かれたら(カプノサイトファーガ感染症)
文章:ムクムク(獣医師)
初出:2010/02/20 改訂:2011/01/20
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


人獣共通感染症でまず頭に浮かぶ疾病は狂犬病であるが、幸いにも日本においては近年狂犬病発病が見られていない。
日本は島国であるので、国内の予防注射による犬の感染予防や海外からの持ち込みに関しては検疫など水際作戦が功を奏しているといえる。
しかし、近年今まであまり知られていなかったCapnocytophaga canimorsus(カプノサイトファーガ・カニモーサス)感染症に犬や猫の咬傷や掻傷から人が感染し、重篤な症状を呈している例が報告されている。

Capnocytophaga canimorsus感染症国内症例報告*1
発生年年齢感染源感染経路主な臨床症状予後
200290代咬傷・掻傷意識障害死亡
200460代掻傷敗血症死亡
200670代咬傷敗血症・DIC回復
200770代咬傷敗血症・髄膜炎回復
50代掻傷敗血症・嘔吐死亡
200860代咬傷敗血症・DIC死亡
50代咬傷敗血症・DIC回復
40代咬傷敗血症・DIC回復
70代咬傷発熱・創部発赤回復
70代野良猫掻傷敗血症死亡
70代掻傷敗血症・DIC回復

感染者の多くは癌治療中など疾患のあるケースもあるが、健常者も発症している。
犬や猫に咬まれたり掻かれた場合は、傷の大きさに関わらず医師の診断を受けられることが薦められる。
Capnocytophaga canimorsusは犬猫の口腔内に常在するグラム陰性桿菌で、国立感染症研究所年報によると犬の保有率は96%、国立感染症研究所獣医科学部鈴木道雄先生らの調査では犬の保有率74%,猫57%である。*1
犬咬傷の2%から分離される。
人での潜伏期間は1〜8日。
初期症状は、発熱・倦怠感・腹痛・吐き気・頭痛など。
糖尿病・免疫異常疾患・高齢者など免疫機能が低下している方の場合は重症化しやすい。
人が感染した場合には、クラブラン酸カリウムとアモキシシリンの合剤である製品名オーグメンチンやテトラサイクリン系、カルバペネム系抗生物質が効果的とされている。
そう言う意味では、犬やネコによって怪我をした場合、予防的に適切な抗生物質を投与されることが推奨されると言える。
現在の所、ペットのCapnocytophaga canimorsus菌を陰性化するに有効とされる方法はない。

引用文献:
 *1:獣医畜産新報2010年Vol.63 No.3 217-218
 *1:モダンメディア56巻4号2010[話題の感染症] 71

参考サイト:
カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症に関するQ&A(厚生労働省)
犬・猫のカプノサイトファーガ・カニモルサス感染症に関する衛生情報(日本獣医師会)
Zoonosis協会
カプノサイトファーガ-カニモルサス感染症について(横浜市感染症情報センター)
ライフサイエンス辞書
イヌ・ネコの咬傷感染によるCapnocytophaga canimorsus 敗血症の4症例(Vol. 31 p. 109-110: 2010年4月号)
アボット感染症アワー:犬咬傷による敗血症
感染症学雑誌2009 Vol.83 No.6:Capnocytophaga canimorsusによる敗血症の1剖検例
日本救急医学会雑誌Vol. 20 (2009) , No. 4 p.226-231:Capnocytophaga canimorsusによる敗血症・多臓器不全の一救命例
国立感染症研究所感染症情報センター:Capnocytophaga canimorsus が分離された、敗血症・多臓器不全で搬送され救命し得たイヌ咬傷の1例(Vol.28 p 299-300:2007年10月号)
杏林大学呼吸器内科 『あんずの呼吸』
厚生労働省:愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン 2006
研修医診療マニュアル-臨床現場で必要な知識と対応- 第2章 咬傷・刺傷

マスコミ報道:
犬・猫の菌で人間が感染死! 飼主「キスできないとか無理」と嘆く(ロケットニュース24)
犬、猫の口には細菌 02年〜6人が感染症で死亡(毎日新聞)
犬・猫の細菌で感染症、死亡例も 厚労省が注意喚起へ(朝日新聞)
犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)
犬猫の口内菌感染、8年間で6人が死亡(読売新聞)

リンク:
Zoonosis協会

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



寝姿色々1
(sutemaru)
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 8月は「にゃんこ爪とぎタワー(ピンク)」です。
新発想!隠れ家付きのダンボール製爪とぎ☆
あるときは爪とぎ。あるときは秘密基地に。
寝起きにすぐバリバリ出来る1台二役の優れもの。
安心の日本製で細部までこだわりぎっしり!
2名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(7月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(35,143)
  2. 動物よくある相談(30,318)
  3. 飼い主募集セミナイベント(29,743)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(14,639)
  5. 犬のカロリー計算(13,873)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(12,067)
  7. 猫のカロリー計算(11,499)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,315)
  9. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(6,077)
  10. 動物の愛護セミナイベント(3,185)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★WEB講座
★栃木県那須郡
★〜8月27日:東京都台東区,〜8月28日:新潟県新潟市
★〜8月31日:山口県周南市
★〜9月3日:京都府京都市
★〜9月20日
★〜10月8日:京都府京都市
★8月17日:東京
★8月18日:東京都世田谷区,8月19日:東京都日野市
★8月19日:東京都文京区
★8月19日,20日:大阪府大阪市
★8月20日:兵庫,8月26日:兵庫,8月27日:大阪,9月7日:千葉
★8月22日:東京都文京区
★8月25日:北海道札幌市
★8月25日-27日:神奈川県相模原市
★8月27日:愛知県刈谷市
★8月29日:東京都港区
★9月1日:東京都文京区
★9月16日-9月24日:京都府京都市
★9月18日:東京都世田谷区
★9月23日,24日:東京都台東区
★9月24日:東京都豊島区
★10月7日・8日:東京都新宿区
★10月28日-29日:東京都文京区
★11月1日〜:アメリカ

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★8月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★8月19日:大阪府高槻市
★8月19日:大阪府堺市
★8月19日:大阪府枚方市
★8月19日:愛知県名古屋市
★8月19日:東京都青梅市
★8月19日,20日:東京都新宿区
★8月19日,20日:神奈川県茅ヶ崎市,8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:東京都渋谷区
★8月20日:三重県三重郡
★8月20日:東京都東村山市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:茨城県土浦市
★8月20日:東京都江戸川区
★8月20日:東京都中央区
★8月20日:岡山県倉敷市
★8月20日:山梨県甲府市
★8月20日:愛知県名古屋市
★8月20日:熊本県八代市
★8月20日:大阪府大阪市
★8月20日:東京都葛飾区
★8月20日:山梨県笛吹市
★8月20日:東京都葛飾区
★8月20日:栃木県那須塩原市
★8月20日:岡山県岡山市
★8月23日,30日:沖縄県南城市
★8月26日:東京都渋谷区
★8月27日:神奈川県横浜市
★8月27日:神奈川県川崎市
★8月27日:大阪府堺市
★8月27日:東京都葛飾区
★8月27日:東京都清瀬市
★8月27日:東京都中央区
★8月27日:神奈川県横浜市
★8月27日:東京都中野区
★8月27日:群馬県高崎市
★8月27日:千葉県流山市
★9月2日:茨城県笠間市
★9月2日:茨城県つくば市
★9月2日,3日:北海道上富良野町
★9月3日:東京都板橋区
★9月3日:千葉県市川市
★9月3日:東京都港区
★9月3日:兵庫県神戸市
★9月3日:東京都清瀬市
★9月9日:福岡県北九州市
★9月10日:千葉県船橋市
★9月10日:茨城県つくば市
★9月10日:大阪府大阪市
★9月10日:東京都大田区
★9月10日:埼玉県新座市
★9月10日:東京都町田市
★9月17日:東京都練馬区
★9月23日,24日:東京都世田谷区
★9月24日:千葉県富里市
★9月24日:東京都世田谷区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。