獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー犬の発情、不妊手術(避妊・去勢)について
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん犬の発情、不妊手術(避妊・去勢)について
文章:パールちゃん・りんママ
初出:2004/03/10
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


【発情のサイクル】
発情は、子孫を残そうとする心身の作用です。
メス犬はだいたい生後6〜8ヶ月くらいのときに初めての発情があります。
大型犬だとそれよりちょっと遅いことがあります。
最初の発情は個体や犬種にもよりますが、早い場合(小型犬に多い)の生後4ヶ月、遅い場合(大型犬に多い)の生後14ヶ月くらいと幅があります。
以降、約半年毎(実際は7〜9ヶ月毎くらいが多い)に発情を繰り返します。
小型犬は発情サイクルが短く5〜7ヶ月周期の年2回、大型犬はサイクルが長く8〜12ヶ月周期の年1回になることもあります。

[メス犬の性周期]発情前期→発情期→発情後期→非発情期→発情前期を繰り返す。

・発情前期 5〜20日間で平均10日間。
オス犬を許容しないが、この頃からメスの出すフェロモンでオス犬が悩ましくなる。
・発情期 7〜15日間の平均8日間。
オス犬を許容する。
・発情後期 60〜105日間。
オス犬を受け入れたがらなくなる。
妊娠・分娩・授乳がこの期間にあたる。
妊娠していない場合、多くのメス犬が偽妊娠期間となる。
・非発情期 平均30日間。
心身共に落ち着いている状態。

最初の発情では精神的にも身体的にもまだ完全に成熟していないため、繁殖は見送ったほうがよいとされています。
10歳を過ぎて生殖能力が落ちると発情間隔が乱れ、人間でいう閉経になります。

【発情期の様子】
発情期の始まりころは、なんとなく落ち着きがなくそわそわしたり、神経質になったり、食欲が落ちたり、おしっこを少量ずつあちこちにしたり、毛づやもよくなります。
いつも以上に飼い主に甘えたり、逆にそっけなくなったりもします。

発情のとき、生理のような出血が必ずあるわけではありません。
まったく出血がない場合もありますし、あってもごく少量の出血とか、すぐに自分で舐めてしまって飼い主が出血に気づかないこともよくあります。

透明なおりものが出る→
少し血が混じってピンク色のおりものになる→
赤黒い血が混ざったおりものになる→
真っ赤な血の色になる→
陰部が柔らかく大きくなりながら出血が続く→
陰部は腫れたまま血が減ってピンク色のおりものになる→
何も出ないがまだ陰部は腫れている→
陰部の腫れがなくなって元に戻る、
こういう一連の経過が一般的な発情≠ナす。

発情期間は短い子で約1週間、長い子で約1ヶ月、平均すると2〜3週間です。
個体によってばらつきがあります。
この期間中、最も受胎しやすいのは後半の約4日間ほどで、陰部は柔らかく腫れたまま、血が減ってピンク色のおりものになるころです。
この時期にメス犬の陰部にふれると、しっぽを左右どちらかに傾けます。
これはオス犬を受け入れる仕草で、交配適期の目安になります。
発情期には膣や子宮内の自浄作用が落ちますので感染症などに気をつけてください。

【発情の影響】
犬の発情を人間の女性の生理と同じ感覚でとらえてしまうのは少し間違っています。
人間の女性も生理中はふだんとは違う体調や精神状態になりがちですが、犬はそれ以上に心身に変調を起こします。
犬は子孫を残そうとする動物的本能をストレートに発揮しますから、ふだんはよく飼い主の言葉を聞き分ける犬が飼い主を無視したり、制止を振り切ってオス犬のところに行ったり、家から脱走したりということがあります。
年2回という発情周期は子孫を残すためのごく限られたチャンスです。
発情しているのに交尾・妊娠に至らないと、性ホルモンはもっとがんばらなきゃと過剰に分泌され、その結果として子宮や卵巣、乳腺などが病気になる原因になることがあります。
メス犬が正常な妊娠・出産ができるのは約10年間足らずの短い期間です。
その間、子孫を残そうとメス犬は発情を繰り返します。
メス犬にとって発情は必死なことなのです。
この点、心身に多少の影響はあるけれどなにげなく生理期間を過ごす人間と違い、犬の場合は生理≠ナはなく発情≠ニ認識してあげる必要があります。

【不妊手術(避妊・去勢)のこと】
メス犬に交配・出産を予定しないのなら避妊手術を考えてみてください。
避妊手術をすれば発情のたびの心身の大きなストレスを回避できますし、将来病気になるかもしれない部分(子宮・卵巣)を取ってしまえば病気予防になります。

避妊手術は全身麻酔をかけて開腹し、主に以下3方法のうちどれかで行われます。
1.卵巣摘出手術→基本的に手術後は発情はありません。
2.子宮摘出手術→卵巣が残っていますので発情はあります。
3.子宮卵巣摘出手術→基本的に手術後は発情はありません。
※1と3の手術で卵巣組織全体が取り切れずごく一部が残ったり、片側の卵巣が見つけられなかった場合は手術後も発情の兆候が見られます。

日帰りでいいとする場合や念のため数日間入院する場合など、病院によって対応はさまざまです。
初回発情を迎える前の仔犬にも避妊手術は実施できます。
若くて体力があれば術後の回復も早く、心配は少ない手術です。

手術をする以外に、インプラントという避妊(発情抑制)方法があります。
これは、ペン先くらいのものをメス犬の背中に埋め込み、そこから放出されるホルモン効果によって妊娠しているのと同じ状態にするものです。
偽妊娠の状態を作り出すことでメス犬は発情しなくなります。
インプラントは動物の個体によって有効期間が異なります。
うっかりしていると効果がなくなっていて妊娠が成立してしまう可能性があるため、発情抑制を継続したい場合は埋め替えが必要になります。
また、子宮蓄膿症を誘発したり、動物種によっては強い副作用の報告例があるので、使用の際は慎重さが求められます。

【オス犬のこと】
オス犬には発情期はなく、オス犬自身から発情することはありません。
発情中のメス犬の匂いで誘われ、メス犬がOKならばオスはいつでも交尾可能です。
つまり、犬の性行動はメス犬主導で、オス犬は常に受け身なのです。

発情したメス犬の匂いは2キロ四方に届くといわれています。
オス犬が生殖能力が完成するのは生後1年くらいです。
メス犬の匂いをキャッチしたオスは悩ましく遠吠えを繰り返したり、脱走してメス犬に近づこうとしたり、近所のオスと喧嘩をしたりすることがあります。
メス犬が必死で子孫を残そうとするのと同じように、オス犬も必死になって自分の子孫を残そうとします。
これも性ホルモン分泌に影響を及ぼし、精巣や前立腺の病気の一因になります。
交配させる予定がない、将来の病気を防ぎたい、おだやかに過ごさせたい、そう思うなら去勢手術を考えてみてください。

去勢手術は、全身麻酔をかけて陰嚢(タマタマの袋)の近くを少し切開し、精巣(タマタマ)を取るのが一般的です。
日帰りまたは1泊入院で済むのが大半です。

しかし、停留精巣(停留睾丸・陰睾丸)のように、精巣の片方あるいは両方が陰嚢内に判別できないときは開腹手術になります。
睾丸が腹腔内や鼠径部にある場合など、見つけられないこともあります。
停留睾丸は正常な場合に比べて腫瘍発生率が高くなるといます。
また、停留睾丸は遺伝性疾患と考えられますので、繁殖には用いないとされています。

【不妊手術をするかしないか】
性ホルモンの関係で、メスもオスも避妊・去勢手術後は太りやすい体質になりますが、個体差があり、まったく太らない子もダイエットしているのに太ってしまう子もいます。
不妊手術をしたことをかわいそうだと飼い主が思い、甘やかしておやつやゴハンをたくさんあげてしまうことが実際に多く、それも犬を太らせてしまう原因になります。
食べ物で甘やかさず、適切な運動を保てば、太りすぎによる病気は予防できます。
性の悩みなく、おだやかに暮らす時間を得た犬は、それまで以上に人間のよきパートナーになり、それは犬自身の幸せになります。

不妊手術をすることをかわいそうだと思う人は多いですが、不妊手術をしないこともまたかわいそうなことなのです。
手術をしないことによる心身の負担についてよく考え、手術のメリットとデメリットをかかりつけの獣医さんに相談してみてください。
するかしないか、決めるのは飼い主さん自身です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



これから野に返します。
エゾフクロウ
渡会
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第二版2010/10/01公開

◆獣医師広報板の主張

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(7月期)
  1. 動物よくある相談(63,485)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(48,305)
  3. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(21,622)
  4. 犬・猫と人間の年齢換算表(21,555)
  5. 動物関連・求人求職掲示板(17,637)
  6. 犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(13,792)
  7. 犬のカロリー計算(11,888)
  8. 飼い主募集セミナイベント(8,022)
  9. 飼い主募集掲示板(7,627)
  10. 野生動物保護窓口(6,992)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

4歳になるメスのコボウシインコです
名前はコボです
朝などギョエーギョエーなどと声をあげ、
毎日元気一杯です
拡大画像

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆動物・自然関係セミナー・イベント
★9月6日:茨城県笠間市
★9月6日:福井県鯖江市
★9月6日:北海道岩見沢市
岩見沢総合振興局主催 猫の譲渡会
可愛い猫たちが新しい家族お迎えの待っています。
皆さんのご来場をお待ちしております。
★9月6日:北海道苫小牧市
★9月6日,9月7日:東京
★9月7日:東京江戸川河川敷
★9月7日:東京
NPO法人 nekonoko「ねこの里親会」
東日本大震災から2年、未だに福島から猫たちが保護されてきています。
その被災猫たちも幸せになるために多数参加します。
★9月10日締切
動物の写真コンテスト作品募集
動物愛護の精神のもと動物の写っている写真を募集しています。
★9月11日,10月9日,11月13日:東京
★9月13日:神奈川県座間市
動物関係者交流会
動物関係業界・動物取扱業・ペットケアビジネスにたずさわる様々な関係者・業種業態・支援者の皆様が、交流と情報交換により動物関係者間での動物に関するトータルネットワーク作りやその他の繋がり、発展・向上のための良い機会になればと企画させていただきました。お食事をしながら楽しく会話して親睦を図れればと思います。
★9月13日:北九州市
北九州市ワンニャン譲渡会
北九州市では、子犬・子猫等を対象とした譲渡会を開催しています。
★9月13日:横浜
横浜動物里親の会
たくさんの犬や猫が、新しい家族を求めて集まります。
ぜひ一度いらしてください。
★9月13日・14日:東京
JAHA家庭犬のしつけ方講座インストラクター養成コース 講義1・2
 講義1:JAHAが推奨する科学的な根拠に則ったしつけを理解するうえで必要な学習理論について、初歩から学びます。うまくしつけをし、行動上の問題を理解するためにも学習理論の理解は必須です。
 講義2:犬と暮らす上で飼い主が困ったり、迷惑になったりする問題行動について、行動学や学習理論に基づいて、対処する方法や考え方を学びます。
★9月13-15日:京都府亀岡市
★9月14日:東京
「ランコントレ・ミグノン」犬猫うさぎ譲渡会
東京都動物愛護相談センターより引き出した犬と猫、保護されたうさぎの譲渡会です。
屋内ですので雨天決行です。
★9月14日:新座
新座犬猫里親会
毎回、多数の犬猫が家族を待っています。
棄てられた犬猫に本当の家族探し 幸せ探しにご協力願います。
★9月14日:東京
第57回ペットラヴァーズ・ミーティング
Pet Lovers Meeting は愛するコンパニオン・アニマル(伴侶動物)を亡くした家族のためのセルフヘルプ・グループです。
★9月15日:東京
ティアハイムハチ 保護犬て「イイネ!」ふれあい里親会
保護された犬達とふれあいながら、お散歩やマナーなどのお話しを交え、里親さんの募集も行います!
★9月16-19日:つくば市
★9月18-21日:大阪府茨木市
★9月19日:京都
第7回動物介在教育・療法学会学術大会
動物介在教育・療法の人材育成
★9月20日:横浜
シンポジウム「飛ばない鳥たちの世界-その生態と環境を考える-」
飛ばない鳥カグーやヤンバルクイナを題材に、その鳥たちの現状と生息環境の保全について考える。
★9月20日:東京都品川区
★9月21日:仙台
どうぶつフェスタ in SENDAI
 うちの子ワンポイント自慢
 働く犬のデモンストレーション
 獣医師体験
 ペット運動会
★9月22日:締切
長生きワンちゃん、ネコちゃん集まれ〜!『第7回 ご長寿ペットフォトコンテスト2014』開催中
ご長寿ペットフォトコンテストは、「人と動物と環境の共生をになう」を企業理念としており、動物のご長寿も敬老の日に一緒に祝おうという趣旨で始まりました。
★9月23日:和歌山市
家族を守ろう、災害時に備えたペットの救護
阪神淡路大震災や東日本大震災では、人のみならず多くの動物も被災しました。
これらの経験を踏まえて、動物愛護管理法改正により、環境省では 災害時には飼い主によるペットの同行避難を推進しています。
災害が来る前に、他の人の迷惑にならない避難ができるように、子どもたちに体験の場を準備しました。
★9月23日:長野県伊那市
★9月23日:京都
第7回自然再生講習会
今回の自然再生講習会では、宝が池・深泥池周辺の里山をモデルとして、里山再生の目標設定のあり方、シカ食害やナラ枯れから森林を守っていくための考え方・技術、里山再生を実現していくための協働のデザインとマネジメント手法について論じる。
★9月24日:広島県東広島市
小さな命の写真展will
〜捨てられる命ゼロを目指して〜
★9月24日開講:栃木県宇都宮市
宇都宮里山達人協会との共催 自然とともに
 自然は時に厳しく、そして優しく私達を包んでくれます。そんな自然に抱かれて私達は生きています。本講座はそんな自然を意識し、感じることにより、改めて自然の魅力を再発見するものです。
★9月28日:東京
二子玉川いぬねこ里親会
飼い主から虐待されたり見捨てられ行き場をなくし、愛護センターに行く寸前に救い出した犬猫たちと、家族の一員として犬猫を迎えたいと思う方との橋渡しをしています。
★9月28日:東京キ品川区
★10月1日開講:栃木県宇都宮市
里山科学入門−里山の地域資源と人びとの暮らし−
 里山には豊かな地域資源が認められ、人々はその恩恵を受けながら暮らしと文化を築いてきました。この講座では、栃木の里山の現状と課題、里山再生の方策を考えてみます。
★10月4日:東京
2014動物感謝デーin Japan "World Veterinary Day"
 動物ふれあいコーナー
 一日獣医師体験
 あにまる学園祭
 ペットファッションショー
★10月4日:東京
★10月4-5日:京都
第496回 NACS-J 自然観察指導員講習会・京都府
 地域に密着した自然観察ボランティアリーダーを養成するNACS-J自然観察指導員講習 会の受講者を募集します。
★10月11日:東京
Pet Partners協会公認 ペットパートナーズプログラム講習会
受講修了者には、米国Pet Partners協会認可の「 Pet Partners program」修了証をお渡しいたします。
★10月11日:山口県山口市
★10月25日:福井県大野市
★10月25-26日:兵庫県加西市
第24回全日本獣医師テニス大会
参加資格:日本在住の獣医師とその家族,関係業務従事者
★10月26日:東京
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★毎月第二土曜日、日曜日:東京
老犬との暮らし方セミナー
愛犬の為に学びたい方、プロを目指す方、既にプロでご活躍の方で知識・技術を深めたい方などどなたでも参加でき、デモ犬も参加して実習も行い、プロレベルの実技も身につきます。

ペット動物獣医師セミナーイベント情報
産業動物獣医師セミナーイベント情報
公衆衛生獣医師セミナーイベント情報
動物看護師セミナーイベント情報

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2013 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。