獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー高病原性鳥インフルエンザってなに?
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん高病原性鳥インフルエンザってなに?
文章:saito(獣医師)
初出:2004/03/10
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


高病原性鳥インフルエンザとは
現在,「高病原性鳥インフルエンザ」と呼ばれている病気はインフルエンザウイルスH5N1型が感染することによって起こる鶏の病気です。
(→ウイルスってなに?H5N2型って?)
これまでの高病原性鳥インフルエンザは元気が無くなるといった症状を示すことが多かったのですが,2004年に発生した鳥インフルエンザは非常に病原性が強く,そのような症状を示す前に神経にダメージを受けて死亡する例が多いようです。

人間には感染する?
基本的に鶏のインフルエンザウイルスは人間には感染しにくいウイルスです。
世界的には香港,ベトナムなどで鶏から人への感染が報告されましたが,感染した人は感染した鶏を処分するなど,感染鶏の排泄物や内臓に触って感染したと考えられています。
またアジアでは鶏を生きたまま売ることが多く,生きた鶏を並べて売る市場が人間への感染に関係していると考える研究者もいます。
日本でも生きた鶏や内臓,排泄物を扱う人はゴーグル・眼鏡・マスクなどで大量のウイルスに触れないようにすることが必要ですが,通常の生活を送る場合にはほとんど心配はありません。
ただし道ばたで死んだ鳥は鳥インフルエンザで死亡した可能性もありますので,鳥の死体を見つけた場合はむやみに触らないようにしましょう。
鶏に感染するインフルエンザウイルスと人間に感染するインフルエンザウイルスが混ざってしまうことで新しいウイルスが産まれ(→ウイルスがまざるってどういうこと?),人間でインフルエンザの大流行が起きる危険性があるので,現場で鶏インフルエンザの対策にあたる人たちはインフルエンザの薬を飲み,鶏インフルエンザウイルスと人間のインフルエンザウイルスに同時に感染することがないようにしています。

鶏肉や卵は大丈夫?
スーパーなどで売られている鶏肉は全て食鳥検査という検査をうけています。
健康な鶏だけを肉にするための検査ですので,事前に鶏インフルエンザであることが判明した鶏は食用の肉とはなりません。
検査に合格した鶏はお湯で羽をぬらした後,羽を抜いて肉に加工されますので,万が一羽毛にウイルスがついていたとしても洗い流されます。
また,インフルエンザウイルスは熱に弱いため肉にウイルスが残っていた場合でも,加熱調理によって安全に食べることができます。
売っている卵は消毒薬を含む液体で表面を洗ってありますので,卵の表面にウイルスが付いていることはありません。
また,鶏インフルエンザに感染した鶏は元気がなくなるために卵を産まなくなりますが,感染した鶏が卵を産んだとしても,卵の中にウイルスが侵入することはありません。
どうしても心配な場合,卵も肉と同様加熱して食べれば安全です。

飼っているペットの鳥は大丈夫?
現在飼育している鳥については感染させないことが第一です。
感染を防ぐためには,飼っている人間が野鳥と接触しない,万が一接触したらそのままの衣服や手で飼っている鳥に触れない。
野鳥が飼育小屋や鳥かごに入ってくるのを防ぐため,防護ネットを張る,野鳥が寄ってこないよう餌の管理をきちんとする,野鳥の糞便で汚染された水を使わない,などが重要です。

カラスから感染する?
自然界では水鳥(アヒルやカモなど)が健康なままウイルスを持ち続けることがしられています。
このようにウイルスに感染しているにもかかわらず症状を示さない個体を「キャリア」と呼びますが,一般的には発症していない個体から排出されるウイルス量は少ないため,元々ウイルスがかかりにくい人間への感染源となる可能性はほとんどありません。
最近,発生地付近で死亡していたカラスが鳥インフルエンザウイルスに感染していたことがわかりましたが,これは発生地の鶏から感染した可能性が高いと考えられています。
カラスと鳥インフルエンザウイルスの関係についてはこれまで調べられたことがないため確実なことはいえませんが,カラスが鳥インフルエンザに弱い場合,感染してもすぐに死ぬためウイルスが大きく広がる可能性は低いと考えられます。
逆に,カラスが鳥インフルエンザに強い場合,カラスが「キャリア」となってウイルスをばらまく可能性がありますが,カラスの行動半径は半径10km程度と比較的せまいため,この場合もウイルスが大きく広がる可能性は低いでしょう。
ただし,道ばたで死んだカラス等は鳥インフルエンザウイルス感染のために死んだ可能性もあるため,むやみに触らないようにしましょう。

犬や猫も感染する?
タイでは猫やトラが鳥インフルエンザに感染していることが確認されたとの報道がありましたが,それを発表した大学の研究者は詳細について明らかにしていません。
これまでにも実験的に鳥インフルエンザウイルスを猫に感染させた報告はありますが,実際の生活では犬や猫に感染させるほど大量のウイルスをもった野鳥を捕まえることはごく稀だと思いますので,安心して良いでしょう。
(水鳥は鳥インフルエンザを持っていることが多いですが,水鳥をくわえる機会の多い猟犬でも鳥インフルエンザの感染は聞いたことがありません。)
ただし野鳥の死体には大量のウイルスが含まれている可能性がありますので,犬猫が食べないように注意しましょう。

対策はどうなっているの?
高病原性鳥インフルエンザは養鶏業に与える影響が大きいため,鳥インフルエンザ感染が判明したら診察した獣医師か所有者が管轄の県知事に届け出ることが法律(家畜伝染病予防法)で定められています。
鳥インフルエンザはこれまで日本国内では発生が少なかったので,予防的なワクチン投与は行わず,感染が見つかった鳥と同居の鳥を処分する「摘発淘汰」という体制がとられています。
これは感染した鳥の発見を容易にし,インフルエンザウイルスの蔓延を防ぐためです。
鶏にワクチンを接種するとウイルスに対する抵抗性がつきますが,鳥の体内でウイルス感染と同じ状態を作り出すことになるので,ワクチンを接種した鶏なのかウイルスに感染した鶏なのか区別がつかなくなり,国全体としてウイルスがどの程度蔓延しているのかが分かりにくくなってしまうのです。
現在,鳥インフルエンザに効果のあるワクチンは国内では生産されていません。
海外から輸入されたワクチンが用意されていますが,これはウイルス感染が急速に広がった緊急事態に際して感染地域を取り囲むように接種し,それ以上の感染拡大を防ぐためのものです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



にんに、7才6ヶ月になりました
年の割には可愛い顔だといわれます。
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 3月は「トイレきらら(200ml)」です。染みついたトイレ臭をスッキリ洗浄!ありそうでなかった手肌にも優しいトイレ専用洗剤。
3名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(2月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(34,414)
  2. 飼い主募集セミナイベント(33,770)
  3. 動物よくある相談( 27,195)
  4. 犬のカロリー計算(23,368)
  5. 犬・猫と人間の年齢換算表(13,475)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(11,924)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(11,711)
  8. 猫のカロリー計算(10,693)
  9. ネコセミナイベント(6,654)
  10. 動物の愛護セミナイベント(4,466)
コンテンツ別アクセス数

◆新着FAQ

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★〜3月31日
★〜4月2日:東京都渋谷区
★〜4月10日:岐阜県岐阜市
★3月31日-4月2日:東京都江東区
★4月2日:京都府京都市
★4月15日:大阪府大阪市
★4月15日:兵庫県神戸市
★4月16日:東京都新宿区
★4月16日:沖縄県那覇市
★4月17日:大阪府堺市,4月30日:兵庫県川西市,5月2日:兵庫県宝塚市,5月6日:埼玉県草加市,5月7日:東京都江東区
★4月20日締め切り
★4月22日:京都府京都市
★4月23日:大阪府大阪市
★4月23日:京都府京都市
★4月23日:大阪府大阪市
★4月28日:東京都文京区
★7月29日:東京都新宿区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★4月1日:茨城県笠間市
★4月1日:茨城県つくば市
★4月1日:東京都江東区
★4月1日:愛知県名古屋市
★4月1日:北海道江別市
★4月1日,2日:北海道上富良野町
★4月2日:東京都港区
★4月2日:兵庫県神戸市
★4月2日:東京都清瀬市
★4月2日:埼玉県所沢市
★4月2日:岡山県倉敷市
★4月2日:神奈川県鎌倉市
★4月2日:山梨県笛吹市
★4月2日:東京都中央区
★4月2日:東京都中央区
★4月2日:東京都世田谷区<
★4月2日:東京都葛飾区
★4月2日:東京都板橋区
★4月2日:山梨県甲府市
★4月2日:栃木県那須塩原市
★4月2日:東京都葛飾区
★4月2日,30日:大阪府大阪市
★4月8日:兵庫県西宮市
★4月8日:福岡県北九州市
★4月8日:愛知県名古屋市
★4月9日:東京都台東区
★4月9日:東京都杉並区:東京都渋谷区
★4月9日:東京都大田区
★4月9日:埼玉県新座市
★4月9日:東京都町田市
★4月9日:茨城県つくば市
★4月9日:大阪府大阪市
★4月9日:栃木県宇都宮市
★4月9日:千葉県流山市
★4月9日:千葉県船橋市
★4月9日:東京都渋谷区
★4月9日:神奈川県横浜市
★4月9日:東京都中野区
★4月9日:群馬県高崎市
★4月12日:兵庫県姫路市
★4月12日:沖縄県南城市
★4月15日:神奈川県茅ヶ崎市
★4月15日:大阪府高槻市
★4月15日:大阪府堺市
★4月15日,16日:東京都世田谷区
★4月16日:東京都練馬区
★4月16日:三重県三重郡
★4月16日:東京都東村山市
★4月16日:大阪府大阪市
★4月16日:東京都江戸川区
★4月23日:東京都港区
★4月23日:千葉県市川市
★4月23日:東京都目黒区
★4月23日:神奈川県川崎市
★4月23日:東京都世田谷区
★4月23日:大阪府堺市
★4月23日:東京都葛飾区
★4月23日:三重県三重郡
★4月23日:東京都清瀬市
★4月29日:東京都渋谷区
★5月14日:東京都八王子市
★5月20日:東京都豊島区
★5月21日:大阪府豊中市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。