獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニュー動物愛護行政と狂犬病予防法
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃん動物愛護行政と狂犬病予防法
文章−パールちゃん
初出:2006/8/30 改訂:2006/12/6 改訂:2012/07/29
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


○動物愛護行政の仕組みを知ろう

日本の動物愛護行政の根幹は狂犬病予防法です。
「狂犬病予防法(厚生労働省)」は、人の生命・身体・財産が動物によって侵害されるのを防止し、生活の安全と公衆衛生の向上を目的としたものです。
動物が人に与える恩恵を考慮し、動物愛護の精神の高揚を図ることを目的に定められたのが「動物の愛護及び管理に関する法律(環境省)」です。
略して「動愛法」と呼ばれます。
動愛法を補足する形で「犬及び猫の飼養及び保管に関する基準(総理府告示)」があります。
さらに各都道府県がそれぞれ定めているいわゆるペット条例があります。
そして最も身近なものは全国各市町村が設けている飼い犬に関する規則で「○○市 犬の登録等に関する規則」といわれるものがあります。
このように、国や省庁が定めた法律・政令・規則、都道府県が定めた条例や規則、市町村が定めた条例や規則の3段階になっているのが動物愛護行政の仕組みです。

--------------------------------------------

○なぜ狂犬病予防法が動物愛護行政の根幹なのか

狂犬病予防法は人を守るための法律ですが、その底流には人と動物はどうつきあったらいいのかの示唆を含んでいます。
家畜としても愛玩用としても、人が生きていくうえで動物は切り離せない存在です。
人が安心して動物に接し、その恩恵を受けて共存していくための法律が狂犬病予防法です。
でも、数ある人獣共通伝染病のうち、なぜ狂犬病だけが取り上げられて予防のための独自の法律になったのでしょう。
それは、狂犬病がほかのどの病気よりも人に脅威を与えるからです。
狂犬病ウィルスは犬だけでなくほとんどの哺乳動物に感染します。
感染している動物に噛まれると傷口からウィルスが入り、そのままにしておくと1〜3ヵ月後には中枢神経が冒されて発症し、ほぼ100パーセント死に至ります。
発症を防ぐには噛まれたあとただちにワクチンの接種を受け、さらにその後の2ヶ月間に計6回のワクチン接種をします。
発症させない手立てをする以外になく、ひとたび発症してしまうと治療法はありません。

狂犬病は致死率が高く、また恐ろしい感染力をもった病気です。
日本では1957年以後患者の発生はありませんでしたが、1970年ネパールからの帰国者1名、2006年フィリピンからの帰国者2名が狂犬病を発症しました。
今でも世界の国々では毎年多くの人が狂犬病で亡くなっています。
発生がないのは日本と北欧3国とオセアニアの国々だけで、これ以外の世界中の地域では年間3万5000人から5万人が狂犬病で命を落としています。
死亡者の9割はアジア地域の人々です。

通常、狂犬病はヒトからヒトへ感染することはありませんが、狂犬病発生国から日本へこの病気に罹患した動物が入ってくることは考えられないことではありません。
犬の狂犬病予防注射接種率が7割以上ないと、いったんその国に感染動物が侵入すると感染拡大を防げないといわれています。
ところが日本の犬の狂犬病ワクチン接種率は合格ラインの7割に満たず、想定されている国内の犬の数の4〜5割しか予防注射を受けていないといわれています。
島国という環境のおかげと感染動物を検疫で食い止める水際作戦でどうにか国内発生を防いでいるのが現実ですが、裏を返せば、水際作戦で防ぎきれなかった場合、島国という環境ゆえに爆発的な感染を引き起こすことが想像されます。
そうなると何万何十万という単位での感染が予想され、大混乱は必至の状況になります。

船員が船に同乗させてきた飼い犬を検疫を受けずに上陸させたり、闇ルートで動物を輸入したりという事実は今もたくさんあります。
つまり、明日にも日本で1957年以来半世紀ぶりの狂犬病発生の可能性があるのです。
もしそうなってしまったとしても、国内全体でワクチン接種率が高まっていれば万が一に感染動物が侵入してきても感染の拡大を抑えることができます。
そのための最善策が毎年1回の狂犬病予防注射です。
このように、家畜・ペット含めすべての動物と人とが健全に共存するための根幹が狂犬病予防接種の義務を定めた狂犬病予防法であり、それが人と動物の関係を考えるうえでの国の指針となっているのです。

■参考資料
厚生労働省:狂犬病に関するQ&Aついて
厚生労働省:各市区町村において現在交付されている鑑札・注射済票の様式(デザイン)例

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



トム(ラブラドール)5歳
歳を感じさせない横綱級の暴れん坊
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆第10回日本動物大賞社会貢献賞
主宰者が(公財)日本動物愛護協会様主催第10回日本動物大賞社会貢献賞を受賞しました。 これも、開設以来お手伝いいただいているボランティアスタッフさんや企業・個人サポータ様、また掲示板での返事付けなど応援・支援者さまのおかげだと思っています。
授賞式当日の様子はクリックです。

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2018年7月25日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(11月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(34,196)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(23,289)
  3. 動物よくある相談( 21,155)
  4. 猫のカロリー計算(16,626)
  5. 犬のカロリー計算(14,215)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(9,763)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(9,340)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(4,284)
  9. 動物の愛護セミナイベント(3,009)
  10. 電子図書:犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−(1,480)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜12月24日:愛知県名古屋市
★〜2019年1月14日:神奈川県横浜市
★12月16日:滋賀県大津市
★12月20日:三重県津市
★2019年1月12日:京都府京都市
★1月12日:大阪府八尾市
★1月21日:東京都豊島区
★2月8日:東京都千代田区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★12月16日:大阪府大阪市
★12月15日,16日:東京都青梅市
★12月16日:神奈川県川崎市
★12月16日:東京都江東区
★12月16日:埼玉県草加市
★12月16日:愛知県名古屋
★12月16日:東京都練馬区
★12月16日:三重県三重郡
★12月16日:東京都東村山市
★12月16日:福井県福井市
★12月16日:千葉県野田市
★12月16日:滋賀県甲賀市
★12月16日:大阪府大阪市
★12月16日:神奈川県横浜市
★12月16日:大阪府高槻市
★12月16日:東京都町田市
★12月16日:大阪府堺市
★12月16日:大阪府東大阪市
★12月16日:東京都江戸川区
★12月16日:岡山県倉敷市
★12月16日:千葉県千葉市
★12月16日:青森県八戸市
★12月16日:神奈川県横浜市
★12月16日:東京都渋谷区
★12月16日:東京都中央区
★12月16日:愛媛県松山市
★12月16日:兵庫県神戸市
★12月16日:愛知県名古屋市
★12月16日:三重県鈴鹿市
★12月16日:香川県高松市
★12月16日:山形県山形市
★12月16日:神奈川県横浜市
★12月16日:愛知県刈谷市
★12月16日:愛知県名古屋市
★12月16日:和歌山県和歌山市
★12月16日:東京都葛飾区
★12月16日:熊本県熊本市
★12月16日:埼玉県蓮田市
★12月16日:山梨県甲府市
★12月16日:東京都葛飾区
★12月16日:東京都板橋区
★12月16日:山梨県笛吹市
★12月16日:東京都中央区
★12月16日:埼玉県川越市
★12月16日:埼玉県さいたま市
★12月16日:栃木県那須塩原市
★12月16日:愛媛県松山市
★12月16日:岡山県岡山市
★12月16日:東京都渋谷区
★12月16日:大阪府吹田市
★12月16日:大阪府豊中市
★12月16日:京都府京都市
★12月19日:沖縄県南城市
★12月19日,26日:北海道札幌市
★12月22日:福井県あわら市
★12月22日:兵庫県神戸市
★12月22日:埼玉県さいたま市
★12月22日:埼玉県川越市
★12月22日:東京都渋谷区
★12月22日:千葉県柏市
★12月23日:東京都江東区
★12月23日:大阪府大阪市
★12月23日:愛知県名古屋市
★12月23日:大阪府和泉市
★12月23日:三重県三重郡
★12月23日:福島県郡山市
★12月23日:奈良県奈良市
★12月23日:東京都葛飾区
★12月23日:三重県四日市市
★12月23日:愛知県名古屋市
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都中央区
★12月23日:東京都中野区
★12月23日:群馬県高崎市
★12月23日:岡山県岡山市
★12月24日:大阪府大阪市
★12月24日:東京都杉並区
★12月24日:東京都新宿区
★12月26日:大阪府大阪市
★12月30日:埼玉県所沢市
★2019年1月5日:茨城県笠間市
★1月5日:大阪府門真市
★1月5日:大阪府大阪市
★1月5日,6日:北海道上富良野町
★1月6日:東京都港区
★1月6日:東京都清瀬市
★1月6日:東京都町田市
★1月6日:大阪府大阪市
★1月6日:茨城県つくば市
★1月6日:兵庫県神戸市
★1月6日:三重県亀山市
★1月6日:大阪府大阪市
★1月10日:千葉県柏市
★1月12日:福井県福井市
★1月12日:福岡県北九州市
★1月12日:奈良県大和高田市
★1月13日:東京都町田市
★1月13日:埼玉県新座市
★1月13日:千葉県船橋市
★1月13日:大阪府大阪市
★1月13日:京都府京都市
★1月13日:茨城県つくば市
★1月13日:東京都大田区
★1月13日:岡山県岡山市
★1月13日:大阪府大阪市
★1月13日:大阪府南河内郡
★1月13日:愛知県名古屋市
★1月13日:福島県須賀川市
★1月14日:東京都八王子市
★1月17日:千葉県富里市
★1月19日:東京都豊島区
★1月19日:福井県敦賀市
★1月19日:神奈川県茅ヶ崎市
★1月19日:大阪府堺市
★1月20日:東京都渋谷区
★1月20日:広島県広島市
★1月27日:神奈川県川崎市
★1月27日:東京都世田谷区
★2月3日:東京都葛飾区
★2月9日:千葉県船橋市
★2月10日:神奈川県横須賀市
★3月10日:滋賀県野洲市
★3月17日:愛知県名古屋市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。