獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューTNR(Trap:猫を捕獲する、Neuter:不妊去勢手術を行う、Return:捕獲した場所に帰す)で野外の猫が減りますか?
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんTNR(Trap:猫を捕獲する、Neuter:不妊去勢手術を行う、Return:捕獲した場所に帰す)で野外の猫が減りますか?
回答:megumi takeda
初出:2018/12/28
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


<回答:megumi takeda>
「TNRで猫が減るか」ですが、端的に回答することは難しいです。
もともといる猫の数や地勢条件、活動家のモラール、資金がどれだけ続き活動を続けられるかなどの諸要因により結果が変わります。
TNRで猫が減るかどうかは、海外特にアメリカでは多くの学術研究がされており、論文が発表されています。
猫が減る効果を認める論文もありますし、否定する論文もあります。
ただし近年では「TNRで猫は減らない」が優勢であり、通説・定説になりつつあると思います。
その理由は次の通りです。
1、TNRの猫減少効果を否定する論文が多く出されており、実際に効果がなかった、むしろ猫の数が増えたという事例が多く報告されている。
2、それをアメリカなどの連邦政府機関や州政府が支持している。
3、猫の食害を受けている希少な野生動物の保護区では、日本以外ではTNRは行われず猫は駆除一択「である(本当に猫の減少効果があるのならば、このような地域でTNRが採用されているはずである)。

1、「TNRが猫を減らす効果がない」とする学術論文ですが、アメリカ合衆国の獣医師による、公益財団法人、Hillsborough Animal Health Foundation (HAHF) のHPにまとめられたものがあります。
https://hahf.org/awake/tnr-not-working/
TNRで猫が減らない原因は、まず流入猫の問題があります。
TNRでもともといた猫を自然減で減らしても、新たによその地域から新しく猫が流入して減らないとしています。
そのほかには、対象とするエリア内の猫を完全にTNRできない(いわゆる取りこぼし)がでて、その猫による繁殖がTNRによる繁殖抑制効果を上回ることや、資金の枯渇やモラールの低下で活動を継続できないことが挙げられます。

2、日本の環境省に相当する(つまり野良猫の管理を所管する官庁)である、アメリカ連邦政府野生動物生物庁(U.S Fish and Wildlife Service)は2009年に、「TNRの成功事例はひとつもなく」とHPで結論付けています。
よってアメリカ合衆国連邦政府は、TNRは猫の数を減らす効果はないとしており、政府としては反対する立場です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%8C%AB
このHPの記述は削除されましたが、原文はこのようにあります。
It was thought that this would help curb the population so that there would be fewer feral cats.
However, after many years of these programs and subsequent studies to determine their success, most cat populations stayed the same, increased or decreased only slightly.
There was no “success” story.
TNRは野良猫を減少させ、個体数増加抑制効果があるだろうと考えられていました。
TNRプログラムの実行と多くの研究が、TNR信奉者が成功したと判定するするために、長期間続けられました。
しかしほとんどのTNRを実行した猫の一群は、個体数が同じままが僅かに増減しただけでした。
TNRの成功例は、ただの一つもありませんでした。

アメリカでは、州政府もTNRの猫の減少効果を否定しています。
対してTNRを「猫を減らす効果がある」として推奨し、公的制度としている州は、アメリカ合衆国には一州もありません。
テキサス州は、多くのTNRの猫の減少効果を否定する学術論文を根拠に「TNRは猫を減らす効果はない」とし、州政府は支持しないとしています。
https://abcbirds.org/wp-content/uploads/2015/10/Texas-Parks-and-Wildlife-Department-Feral-Cat-Briefing-Paper.pdf
Sterilization programs are ineffective in managing feral and free-roaming cat populations, and do not address the ecological impacts that these cat populations can have on our natural resources.
For these reasons, which are explained in detail below, TPWD does not support the creation or perpetuation of feral or free-roaming cat colonies or feeding, sterilization, or Trap, Neuter, and Release programs.
不妊去勢プログラムは、野良猫および自由に徘徊している猫の個体数の抑制管理には効果がなく、生態学的な悪影響に対処していません。
以下に詳しく説明する理由により、TPWD(テキサス公園および野生生物局)は、野良猫および自由に徘徊する猫の一群管理、または猫への給餌、不妊去勢、トラップ、リリースの計画の作成または継続することを支持しません。

日本では大変誤解されていますが、アメリカ合衆国においては、野良猫の数のコントロールはアニマルサービスが捕獲して殺処分する方法が一般的です。
TNRを制度化して、公的に認めるのは)郡、自治体レベルですが、極めて例外です。
アメリカ合衆国には、郡が3,100、自治体が84,400程度ありますが( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%8C%BA%E7%94%BB )、TNRを制度化して認めているのは、わずかに100十数郡・自治体にとどまっています。 https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_governments_supporting_trap%E2%80%93neuter%E2%80%93return
むしろTNRを違法とし、懲役刑を科す郡・自治体が多いのです。
TNRをしたことで逮捕起訴され、実名報道されたミズーリ州カンザスシティの女性もいます。https://www.columbiatribune.com/7889f0d9-aa86-574f-95bf-afa106933f84.html

それらの事実は、アメリカ合衆国においてはTNRは猫を減らす効果がなく、有害なだけであるという認識が背景にあるのではないかと思います。
なお、ドイツでは公的なTNR制度はありません。

3、猫を減らさなければならない最も緊急性が高いケースは、猫の食害にあっている希少生物の生息地です。
もしTNRに猫を減らす効果があれば、そのような地域でTNRが採用されるはずです。
しかしTNRは日本以外では、都市部にかぎって。例外的に行われています。
たとえばアメリカでは、島しょ部のノネコ根絶では駆除一択で、「射殺、毒餌、わな、ウイルス感染」が採用されて根絶に成功した例が多数あります。
TNRが採用されたことはありません。
http://www.issg.org/pdf/publications/island_invasives/pdfHQprint/1Hess.pdf#search=

オーストラリアなどの、猫により生態系が脅かされている国では、ノネコ野良猫を減らす対策は、駆除(殺処分)一択です。
TNRに猫の削減効果があるのならば、これらの地域で採用されているはずです。

TNRによる猫の減少効果は完全に否定できるものではありません。
しかし成功するためには、きわめて厳しい条件をクリアしなければならないと思います。
ですからTNRにより猫を減らすのは、現実的ではないでしょう。

*敬称を略させていただきます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

掲載期間:2019/03/26-2019/07/25
[広告]


Appleみたいな寝相です。
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆第10回日本動物大賞社会貢献賞
主宰者が(公財)日本動物愛護協会様主催第10回日本動物大賞社会貢献賞を受賞しました。
これも、開設以来お手伝いいただいているボランティアスタッフさんや企業・個人サポータ様、また掲示板での返事付けなど応援・支援者さまのおかげだと思っています。
授賞式当日の様子はクリックです。

◆2019年7月20日(土)獣医師広報板東京新宿オフ
7月20日(土)午後7時に東京新宿にてオフ会を行います。
参加資格は何もありません。
あえて言えば、動物好きの人の会ですか。
参加申込み・詳細

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
★2018年7月25日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(3月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(33,828)
  2. 動物よくある相談( 24,460)
  3. 迷子動物、保護動物掲示板(20,406)
  4. 猫のカロリー計算(15,982)
  5. 犬のカロリー計算(14,209)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(9,157)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(7,636)
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(5,081)
  9. 動物の愛護セミナイベント(2,885)
  10. ネコセミナイベント(2,589)
コンテンツ別アクセス数

◆新着動物よくある相談
利用上の注意事項&メニュー
治らない病気のペットの安楽死を断られた。
犬猫の殺処分数が多いのは、ペットショップがあるせい?
テレビなどマスコミでは動物愛護家はすべていい人、優しい人、正しい人などが前提で扱われることが多いように思います。私は人間ですが、私にも優しい人達ばかりなのでしょうか。
動物愛護団体のシェルターで収容動物が過多となり、不適切な扱いになることがニュースになることがあります。その際の擁護の言葉に「生きているだけいいんだよ」と言うのがあります。この言葉、皆さんはどう思いますか。
動物管理センターの名称が動物愛護センターやフレンドリーな名称に変わっています。何か違いがあるのですか。

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
利用上の注意事項&メニュー
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★WEB講座
★〜6月16日:東京都台東区
★〜6月30日:東京都文京区
★5月25日:東京都文京区
★5月26日:東京都世田谷区
★5月27日,28日:東京都千代田区
★6月2日:東京都豊島区
★6月9日:東京都武蔵野市
★6月15日:埼玉県さいたま市
★6月16日:新潟県新潟市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
利用上の注意事項&メニュー
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★予約制:東京都中央区
★平日:熊本県熊本市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★5月22日:大阪府大阪市
★5月22日:沖縄県南城市
★5月25日:埼玉県川越市
★5月25日:東京都葛飾区
★5月25日:愛知県日進市
★5月25日:兵庫県神戸市
★5月25日:埼玉県川越市
★5月25日:神奈川県横浜市
★5月25日:東京都渋谷区
★5月25日:愛知県名古屋市
★5月25日:北海道札幌市
★5月25日:東京都新宿区
★5月25日:千葉県柏市
★5月25日:東京都日野市
★5月25日:大阪府大阪市
★5月25日,26日:大阪府大阪市
★5月25日,26日:岡山県岡山市
★5月25日,26日:東京都青梅市
★5月26日:埼玉県飯能市
★5月26日:埼玉県所沢市
★5月26日:愛知県名古屋市
★5月26日:新潟県長岡市
★5月26日:東京都西東京市
★5月26日:東京都渋谷区
★5月26日:大阪府大阪市
★5月26日:東京都世田谷区
★5月26日:神奈川県川崎市
★5月26日:大阪府和泉市
★5月26日:三重県三重郡
★5月26日:福島県郡山市
★5月26日:東京都葛飾区
★5月26日:奈良県奈良市
★5月26日:大阪府大阪市
★5月26日:千葉県東金市
★5月26日:東京都町田市
★5月26日:東京都中央区
★5月26日:千葉県富里市
★5月26日:埼玉県川越市
★5月26日:神奈川県横浜市
★5月26日:東京都中野区
★5月26日:群馬県高崎市
★5月26日:三重県四日市市
★5月26日:愛知県刈谷市
★5月26日:秋田県能代市
★5月26日:三重県名張市
★5月26日:大阪府大阪市
★5月26日:埼玉県蓮田市
★5月26日:愛知県名古屋市
★5月26日:香川県高松市
★5月26日:愛媛県松山市
★5月26日:東京都江戸川区
★5月26日:神奈川県横浜市
★5月26日:東京都台東区
★5月26日:東京都板橋区
★5月26日:東京都葛飾区
★5月26日:栃木県那須塩原市
★5月26日:埼玉県川越市
★5月26日:宮崎県宮崎市
★5月26日:山梨県笛吹市
★5月26日:神奈川県川崎市
★5月26日:東京都日野市
★5月26日:岡山県岡山市
★5月26日:東京都目黒区
★5月26日:東京都渋谷区
★5月26日:三重県桑名市
★5月26日:岡山県岡山市
★5月26日:兵庫県神戸市
★5月26日:大阪府八尾市
★5月28日:東京都港区
★5月28日,29日:三重県亀山市
★6月1日:茨城県笠間市
★6月1日:大阪府門真市
★6月1日:大阪府大阪市
★6月1日:秋田県秋田市
★6月1日,2日:北海道上富良野町
★6月1日,2日:東京都世田谷区
★6月2日:大阪府大阪市
★6月2日:三重県四日市市
★6月2日:大阪府大阪市
★6月2日:千葉県千葉市
★6月2日:東京都港区
★6月2日:東京都清瀬市
★6月2日:東京都町田市
★6月2日:大阪府大阪市
★6月2日:茨城県つくば市
★6月2日:三重県亀山市
★6月2日:大阪府大阪市
★6月2日:三重県いなべ市
★6月2日:大阪府大阪市
★6月2日:神奈川県横浜市
★6月2日:埼玉県草加市
★6月2日:神奈川県鎌倉市
★6月2日:東京都中央区
★6月2日:岡山県倉敷市
★6月2日:東京都杉並区
★6月2日:東京都杉並区
★6月2日:東京都新宿区
★6月6日:千葉県柏市
★6月8日:福岡県北九州市
★6月8日:奈良県大和高田市
★6月8日:大阪府池田市
★6月8日:三重県鈴鹿市
★6月8日:東京都府中市
★6月8日:大阪府大阪市
★6月8日:東京都練馬区
★6月9日:神奈川県藤沢市
★6月9日:神奈川県鎌倉市
★6月9日:大阪府大阪市
★6月9日:滋賀県野洲市
★6月9日:東京都町田市
★6月9日:千葉県船橋市
★6月9日:京都府京都市
★6月9日:茨城県つくば市
★6月9日:東京都大田区
★6月9日:岡山県岡山市
★6月9日:愛知県名古屋市
★6月9日:大阪府南河内郡
★6月9日:福島県須賀川市
★6月9日:大阪府大阪市
★6月9日:三重県四日市市
★6月9日:新潟県新潟市
★6月9日:東京都江東区
★6月9日:奈良県大和高田市
★6月9日:神奈川県横浜市
★6月9日:愛知県名古屋市
★6月9日:東京都中央区
★6月9日:東京都台東区
★6月9日:京都府久世郡
★6月9日:愛知県名古屋市
★6月9日:福井県福井市
★6月9日:岡山県総社市
★6月15日:東京都港区
★6月15日:神奈川県茅ヶ崎市
★6月15日:大阪府堺市
★6月16日:千葉県船橋市
★6月16日:東京都練馬区
★6月16日:茨城県土浦市
★6月16日:三重県三重郡
★6月16日:東京都東村山市
★6月16日:千葉県千葉市
★6月16日:滋賀県甲賀市
★6月16日:大阪府大阪市
★6月16日:和歌山県和歌山市
★6月16日:大阪府堺市
★6月16日:千葉県佐倉市
★6月16日:東京都武蔵野市
★6月16日:埼玉県飯能市
★6月16日:大阪府大阪市
★6月23日:新潟県新潟市
★6月23日:神奈川県横浜市
★6月30日:東京都葛飾区
★6月30日:千葉県市川市
★6月30日:東京都東村山市
★7月14日:埼玉県新座市
★7月20日:東京都豊島区
★11月24日:愛知県名古屋市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。