獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューThe Emergency Disaster Animal Relief Headquarters
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんThe Emergency Disaster Animal Relief Headquarters
English translation:Hiramechan(veterinarian)
since:2011/03/31
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム

[災害と動物リンク集] [掲示板] [セミナー・イベント]


The Emergency Disaster Animal Relief Headquarters, based in Tokyo, is the most well-known and experienced coalition of professionals dealing with aid, relief, rescue, and shelter of animal victims of disaster. Our office was founded in 1995 after the Kobe Earthquake, and since then we have coordinated animal aid, rescue, treatment, foster care and adoption or return of pets to their owners after disasters, across Japan.

The coalition of professionals making up the Central Office for Emergency Disaster Relief for Animals (in Japanese: Kinkyuu saigai ji doubutsu kyuu en honbu) are drawn from the Japan Society for the Prevention of Cruelty to Animals (JSPCA), the Japan Animal Welfare Society (JAWS), the JAPAN Pet Care Association, and the Japan Veterinary Medical Association (JMA). Each of these long-standing organizations are able to call upon their substantial networks of members to volunteer their skills in times of emergency, as well as to collect donations, supplies, and when needed, call for further volunteers and willing providers of foster housing for animals.

After the 3/11/11 disaster, a great number of dogs, cats, and other pets who have been separated from their owners have already come to Animal Welfare Centers (Doubutsu Aigo Senta--). There, they are being taken care of and provided with medical treatment if necessary, until they can be returned to their families. (They will not be disposed of.) Their numbers are likely to exceed the capacity of the centers nearest the disaster areas, so the Tokyo-based Vet’s Association is proceeding to network in efforts to find foster-housing for these pets over wider areas of Japan, as was carried out before, during the evacuation of Miyakejima Island, when its volcano made human and pet residency unsafe. As before, our goal is to care for and return pets who have been temporarily separated from their families, back to their families. To do this most effectively we are exercising our networked organizations carefully and to their fullest extent.

For example, volunteers are building more animal shelters next to shelters where their humans are staying. In Miyagi, a Sendai branch of the Emergency Disaster Relief for Animals office has been set up and is carrying out rescues and providing food and necessary goods like sheets for pets, which have been sent as donations from all over Japan. Also, vets in areas throughout Japan are meeting to coordinate rescue work and to set up networks of volunteer clinics. They are providing health check-ups and necessary medical care both “at home” and on-site.
On this occasion (the 3/11 disaster in Japan), we are collecting donations to support rescue, aid and shelter work, and are looking for volunteers to search for animals, assist vets in providing treatment, to collect and donate pet supplies
such as carriers, cages and food, and to provide temporary or permanent homes to pets who have been separated from or who have lost their owners.

The scale of this disaster being of such unprecedented scope, it is likely that many pets will require long-term protection and care. This will also require taking a long-term view towards their financial support, to prevent once-displaced pets becoming, in the worst case, lost again. Please keep this in mind when contributing time, supplies or financial support, as long-standing and effectively networked coalitions are the most likely to be able to see through to completion what in the case of this tremendous disaster, promises to require long-term commitment and efforts.

Animal lovers willing to offer any of these kinds of assistance should please contact either the central office in Tokyo, or their local veterinarians.

Organizations making up The Emergency Disaster Animal Relief Headquarters:
JSPCA: Japan Society for the Prevention of Cruelty to Animals
Japan Animal Welfare Society (JAWS)
JAPAN Pet Care Association
Japan Veterinary Medical Association

* The National Consumer Affairs Center of Japan has posted an alert regarding the existence of some scam or fraudulent money-collections taking place by chain mails and other appeals in the name of animal rescue.

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



我が家の可愛い食いしん坊くんです^^
まだ生後半年なのにこの貫禄(笑)
拡大画像
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 3月は「トイレきらら(200ml)」です。染みついたトイレ臭をスッキリ洗浄!ありそうでなかった手肌にも優しいトイレ専用洗剤。
3名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(2月期)
  1. 迷子動物、保護動物掲示板(34,414)
  2. 飼い主募集セミナイベント(33,770)
  3. 動物よくある相談( 27,195)
  4. 犬のカロリー計算(23,368)
  5. 犬・猫と人間の年齢換算表(13,475)
  6. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(11,924)
  7. 動物関連・求人求職掲示板(11,711)
  8. 猫のカロリー計算(10,693)
  9. ネコセミナイベント(6,654)
  10. 動物の愛護セミナイベント(4,466)
コンテンツ別アクセス数

◆新着FAQ

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★〜3月31日
★〜4月2日:東京都渋谷区
★〜4月10日:岐阜県岐阜市
★3月31日-4月2日:東京都江東区
★4月2日:京都府京都市
★4月15日:大阪府大阪市
★4月15日:兵庫県神戸市
★4月16日:東京都新宿区
★4月16日:沖縄県那覇市
★4月17日:大阪府堺市,4月30日:兵庫県川西市,5月2日:兵庫県宝塚市,5月6日:埼玉県草加市,5月7日:東京都江東区
★4月20日締め切り
★4月22日:京都府京都市
★4月23日:大阪府大阪市
★4月23日:京都府京都市
★4月23日:大阪府大阪市
★4月28日:東京都文京区
★7月29日:東京都新宿区

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★4月1日:茨城県笠間市
★4月1日:茨城県つくば市
★4月1日:東京都江東区
★4月1日:愛知県名古屋市
★4月1日:北海道江別市
★4月1日,2日:北海道上富良野町
★4月2日:東京都港区
★4月2日:兵庫県神戸市
★4月2日:東京都清瀬市
★4月2日:埼玉県所沢市
★4月2日:岡山県倉敷市
★4月2日:神奈川県鎌倉市
★4月2日:山梨県笛吹市
★4月2日:東京都中央区
★4月2日:東京都中央区
★4月2日:東京都世田谷区<
★4月2日:東京都葛飾区
★4月2日:東京都板橋区
★4月2日:山梨県甲府市
★4月2日:栃木県那須塩原市
★4月2日:東京都葛飾区
★4月2日,30日:大阪府大阪市
★4月8日:兵庫県西宮市
★4月8日:福岡県北九州市
★4月8日:愛知県名古屋市
★4月9日:東京都台東区
★4月9日:東京都杉並区:東京都渋谷区
★4月9日:東京都大田区
★4月9日:埼玉県新座市
★4月9日:東京都町田市
★4月9日:茨城県つくば市
★4月9日:大阪府大阪市
★4月9日:栃木県宇都宮市
★4月9日:千葉県流山市
★4月9日:千葉県船橋市
★4月9日:東京都渋谷区
★4月9日:神奈川県横浜市
★4月9日:東京都中野区
★4月9日:群馬県高崎市
★4月12日:兵庫県姫路市
★4月12日:沖縄県南城市
★4月15日:神奈川県茅ヶ崎市
★4月15日:大阪府高槻市
★4月15日:大阪府堺市
★4月15日,16日:東京都世田谷区
★4月16日:東京都練馬区
★4月16日:三重県三重郡
★4月16日:東京都東村山市
★4月16日:大阪府大阪市
★4月16日:東京都江戸川区
★4月23日:東京都港区
★4月23日:千葉県市川市
★4月23日:東京都目黒区
★4月23日:神奈川県川崎市
★4月23日:東京都世田谷区
★4月23日:大阪府堺市
★4月23日:東京都葛飾区
★4月23日:三重県三重郡
★4月23日:東京都清瀬市
★4月29日:東京都渋谷区
★5月14日:東京都八王子市
★5月20日:東京都豊島区
★5月21日:大阪府豊中市

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

[災害と動物リンク集] [掲示板] [セミナー・イベント]

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。