獣医師広報板トップページ動物よくある相談メニューエンセファリトゾーンの感染率
獣医師広報板のキャラクター:ココロちゃんエンセファリトゾーンの感染率
文章:プロキオン(獣医師)
初出:2006/06/28
◆「動物よくある相談」利用についての注意事項
★情報は自己責任でご利用ください。
★記載されている記事は獣医師広報板の掲示板に投稿されたものが中心で、獣医師広報板の
 見解を代表するものではありません。
掲示板過去発言検索システムも試してみてください。
★飼育方法の質問はペット動物フォーラムの各動物種別掲示板をご利用ください。
★特に獣医師のコメントが欲しい質問は、意見交換掲示板をご利用ください。
◆こどもあんぜんサイト宣言◆
こどもあんぜんサイト宣言

◆過去発言検索システム◆
過去発言検索システム


エンセファリトゾーンの感染率についての質問
紹介していただいたサイト(エンセファリトゾーン研究会)を読んでいて思ったのですが、斜頚・エンセの症状が出ていないウサギを検査しても、「感染有り」という結果が出ることがほとんどなんですよね?

エンセファリトゾーンの感染率についての回答
う〜ん、ちょっと誤解があるように感じたのですが、感染率が70%というのは、検査した頭数に対してなんです。この疾病の検査は、つい先日まで検査依頼すれば可能というものではなく、検査機関の方で試験的に実施していて、ようやく料金と受け入れ体制の目処がたったので、一般の動物病院にも開放されるようになったばかりです。

研究会の先生方は、その検査機関と連携をとっていたので、検査が実施できたということなのです。
検査している先生方が限定されていたのですから、当然、検査対象となったウサギ達もあるところ限定されたウサギ達です。
本来、日本には存在しないとされていた疾病が日本中に蔓延しているのではないかという理由は、地域的な偏りがなかったといことと、もう1点、代表的なウサギのブリーダーの飼育場がすでに汚染されていたからです。
すなわち、流通の出発点の時点で感染してしまっていれば、日本中の各地に感染ウサギがいきわたってしまっているのではないかと危惧されたことにあります。

要約してみますと、検査したウサギの70%がエンセファリトゾーンの原虫に接触してしまっている可能性が見られた、までが事実です。
日本中のウサギの70%が、というところからは、検査結果についての「考察」であって、この点はまだ事実として確認されたわけではありません。
統計的に処理するとしても2000とか3000とかいう検査のサンプル数が必要です。
「考察」自体が誤っているというのではなく、おそらくかなりの信憑性はあるのですが今の時点では、「日本のどこの街であっても、この疾病に遭遇してもおかしくないですよ」という理解になるのではないでしょうか。

この疾病の最終的な確定診断は、あくまでも病理解剖による「脳組織における原虫の確認」となります。
これはウサギが死んでからでないと実施できませんから、治療を前提として検査であれば、やはり血液検査からいくしかないのです。

自分のウサギがこの疾病に罹患しているか否かは、実に重要な点です。
斜頚=エンセファリトゾーンではありませんからね。
ここで70%という数字を仮に拝借して言い換えると斜頚を呈しているウサギの70%はエンセファリトゾーンかもしれませんが、残った30%にこの疾病の治療薬を投与しても効果がないということになりますし、それは世間では「誤診」と表現されることになりそうです。
検査結果が返ってくるまでの間に暫定的に治療薬を投与するのであれば、気がきく先生ということになりますが、そのまま、それ以上のことをしないのであれば、藪医者と呼ばれてもしかたないことになります。

で、もう1点大事な点がありまして、治療薬とされている薬剤は「抗生物質」ではありません、「駆虫薬」に相当します。
そして、国内では流通していません。
この疾病に取り組んでいる先生方が個人輸入によって入手しているのです。
費用と手間がかかっています、どこの病院でもいつでも手に入るというわけにはいきません。
まず間違いなくこの疾病であろうというウサギに対して優先的に投薬されるべきだと私は考えています。

一部のブリーダーやペットショップで、まとまった量で分与して欲しいという希望はあるやに耳にしていますが、本来であれば、ウサギの繁殖元や販売店が、オールインオールアウトで清浄化に取り組んでいただければ、一般の飼育者のもとへ感染ウサギが届いてしまうということもなくなるはずなのですが…。
これが実施してもらえれば、日本国内の推定70%という数字も、たちまち、0に近づくことになります。

簡単に入手できる薬でもないし、結構高いです。
推定70%だから、検査が無駄であるとは思えません。
斜頚を確認した時点で直ちに試験的に投薬することには、大いに賛成ですが、必要がないというか違う原因の斜頚にまで継続して投与することもないのです。
また、原虫によって、破壊された脳組織は再生がききません。
治療薬と称してもいても駆虫薬ですから、そこまでの効能はありません。
これ以上の破壊の進行をとどめるという役目なのです。
この治療薬の投与だけが治療ではありません、脳組織の温存や活性を高めるという処置も併せて実施されなくてはなりません。

■関連リンク:動物よくある質問ーウサギの斜頚とエンセファリトゾーン

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ制作代行 ねこてっくす様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。



レオくん、1歳☆
猫かぶりな猫です。
画像募集中!!(無料)
画像集

◆獣医師広報板キャンペーン

◆プレゼントコーナー1
ペット用品通販のPeppy社よりすばらしいプレゼントです。 11月は「やさしいステップ2 3段・カーキ」です。
歩きやすさを重視した、理想の室内階段
何気なくしているソファなど高さのある場所からのジャンプは足腰の負担の原因にも。
1段ずつ昇れる広い奥行と幅で、踏み外しても安心な硬めクッション仕様。
縁には認識しやすい目印テープ付きで安全。
1名様にプレゼントします。
希望者はここをクリック

◆Twitter
獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

◆FaceBook
獣医師広報板の最新更新情報をFaceBook(主宰者川村幸治のページ)でお知らせしております。

◆獣医師広報板からのお願い
獣医師広報板をご利用、本当にありがとうございます。
獣医師広報板は個人サイトですが、その運営はボランティアスタッフが担い、運営資金はサポーターの応援に頼っています。
獣医師広報板は多額の累積赤字を計上しております。
サポーターは企業でも個人でも結構です。
ぜひ、獣医師広報板をサポーターとして応援ください。

◆動物由来感染症関連リンク(外部リンク)

◆電子図書
電子図書「"犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍」は、2016年3月4日より第三版になっております。
新しいエピソードも追加され、データーも更新されています。
第一版、第二版を読まれた方も、是非第三版をお読みください。
犬と麻薬のはなし−麻薬探知犬の活躍−第三版2016/03/04公開

◆獣医師広報板の主張
★ペットを一生責任持って飼えるか、飼う前によく考えましょう。
終生飼育啓蒙ポスター(pdfファイル)
こども安全サイト宣言
迷子犬を飼い主の元に返すために!
薬物流通お断り宣言
★2013年5月26日更新:犬ブルセラ病撲滅を目指して

◆PC版コンテンツ利用数ベスト10(9月期)
  1. 飼い主募集セミナイベント(47,183)
  2. 迷子動物、保護動物掲示板(27,664)
  3. 動物よくある相談( 25,356)
  4. 迷子動物・都道府県別確認先一覧(13,482)
  5. 犬のカロリー計算(13,243)
  6. 動物関連・求人求職掲示板(12,955)
  7. 猫のカロリー計算(11,377
  8. 犬・猫と人間の年齢換算表(9,690)
  9. 動物の愛護セミナイベント(9,536)
  10. 動物園・水族館(フリーク)セミナイベント(3,771)
コンテンツ別アクセス数

◆新着お薦め本

お薦め本の登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)

◆新着リンク

リンク登録依頼はフォームでお願いします。(登録無料)
獣医師広報板はトップページからの相互リンクを歓迎します。
ブログや携帯サイトの登録依頼も歓迎です。

◆新着画像

新潟市水族館マリンピア日本海
カマイルカ。

画像の登録依頼はメールでお願いします。(登録無料)

◆プロフェッショナルセミナー・イベント

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆一般市民向けの動物に関するセミナー・イベント
★毎週土曜日午後1時〜4時
ペットロスホットライン
ペットロスホットラインは、今のお気持ちをお聴きする電話です。
悲嘆という経験とどう折り合いをつけて人生を生きていくかは、自分自身にしか決められないことですし、皆さんお一人お一人がその力を持っていると私たちは信じています。
★東京・大阪
★WEB講座
★〜2018年3月20日:東京都小金井市
★11月26日:京都府京都市
★11月26日:神奈川県横浜市
★11月26日:兵庫県宝塚市
★11月29日:東京都江戸川区
★12月3日:愛媛県松山市,2018年1月20日:新居浜市,2月10日:西予市
★12月3日:東京都豊島区
★12月3日:愛知県名古屋市
★12月3日:東京都葛飾区
★12月9日:東京都文京区
★12月9日-10日:沖縄県宜野湾市
★12月14日:三重県津市
★12月16日-17日:兵庫県神戸市
★12月22日締め切り
★12月24日:京都府京都市
★2018年1月20日:大阪府八尾市,21日:大阪府羽曳野市
★2018年1月21日:大阪府大阪市
★2018年1月21日:神奈川県厚木市
★2018年2月20日-4月8日:神奈川県横浜市

セミナー・イベント情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)

◆動物の譲渡会情報
★毎日:愛知県名古屋市西区
★毎日:埼玉県上尾市
★毎日:神奈川県藤沢市
★毎日:広島県広島市
★平日:熊本県熊本市
★水曜日〜日曜日:茨城県水戸市
★譲渡前講習会問い合わせ:兵庫県姫路市
★11月25日:埼玉県川越市
★11月25日:愛知県日進市
★11月25日:神奈川県葉山町
★11月25日:大阪府太子町
★11月25日:大阪府枚方市
★11月25日:三重県四日市
★11月25日:東京都渋谷区
★11月25日:奈良県奈良市
★11月25日:東京都新宿区
★11月25日:東京都青梅市
★11月25日:千葉県柏市
★11月25日:徳島県北島町
★11月25日:福井県あわら市,12月2日:鯖江市,10日:福井市
★11月26日:東京都葛飾区
★11月26日:東京都渋谷区
★11月26日:東京都町田市
★11月26日:神奈川県川崎市
★11月26日:大阪府堺市
★11月26日:東京都葛飾区
★11月26日:兵庫県神戸市
★11月26日:大阪府枚方市
★11月26日:東京都江東区
★11月26日:千葉県東金市
★11月26日:三重県三重郡
★11月26日:東京都渋谷区
★11月26日:東京都中央区
★11月26日:東京都世田谷区
★11月26日:愛知県刈谷市
★11月26日:埼玉県川越市
★11月26日:神奈川県横浜市
★11月26日:東京都中野区
★11月26日:群馬県高崎市
★11月26日:北海道室蘭市
★11月26日:香川県三豊市
★11月26日:岡山県岡山市
★11月26日:岡山県倉敷市
★11月26日:三重県三重郡
★11月26日:愛知県名古屋市
★11月26日:東京都板橋区
★11月26日:山梨県甲府市
★11月26日:東京都葛飾区
★11月26日:栃木県那須塩原市
★11月26日:山梨県笛吹市
★11月26日:埼玉県さいたま市
★11月26日:東京都中央区
★11月26日:愛媛県松山市
★11月26日:愛知県蒲郡市
★11月26日:埼玉県川越市
★11月26日:埼玉県さいたま市
★11月26日:岡山県岡山市
★11月26日:兵庫県神戸市
★11月26日:静岡県田方郡
チーム オオサキ 犬とネコのさとおや会
★11月26日:静岡県伊東市
GENTLE CREATURES Dog RescueTeam 譲渡会
★11月26日:神奈川県横浜市
PEACE TAILS 譲渡会
★11月26日:福岡県北九州市
★11月26日:東京都葛飾区
★11月28日,29日:三重県亀山市
★11月29日:沖縄県南城市
★11月30日:北海道札幌市
★12月1日・3日:千葉県野田市
★12月2日:茨城県笠間市
★12月2日:茨城県つくば市
★12月2日:埼玉県戸田市
★12月2日,3日:東京都世田谷区
★12月2日,23日:大阪府大阪市
★12月3日:東京都杉並区
★12月3日:兵庫県神戸市
★12月3日:岡山県倉敷市
★12月3日:東京都港区
★12月3日:東京都清瀬市
★12月3日:東京都町田市
★12月3日:三重県亀山市
★12月3日:長野県上田市
★12月3日:三重県鈴鹿市
★12月3日:山形県酒田市
★12月3日:大阪府大阪市
★12月3日:愛知県名古屋市
★12月3日:東京都杉並区
★12月3日:埼玉県蓮田市
★12月3日,5日:栃木県宇都宮市
★12月6日,7日:北海道上富良野町
★12月9日:東京都台東区
★12月9日:福岡県北九州市
★12月9日:東京都世田谷区
★12月9日:奈良県大和高田市
★12月10日:神奈川県鎌倉市
★12月10日:千葉県船橋市
★12月10日:大阪府大阪市
★12月10日:茨城県つくば市
★12月10日:大阪府大阪市
★12月10日:東京都大田区
★12月10日:埼玉県新座市
★12月10日:東京都町田市
★12月10日:東京都目黒区
★12月10日:神奈川県大和市
★12月10日:東京都中央区
★12月10日:東京都中央区
★12月10日:埼玉県川越市
★12月10日:大阪府大阪市
★12月10日:千葉県流山市
★12月15日:千葉県柏市
★12月16日:神奈川県茅ヶ崎市
★12月16日:大阪府高槻市
★12月16日:大阪府堺市
★12月17日:長崎県諫早市
★12月17日:東京都渋谷区
★12月17日:東京都練馬区
★12月17日:三重県三重郡
★12月17日:東京都東村山市
★12月17日:福井県福井市
★12月17日:和歌山県和歌山市
★12月17日:神奈川県横浜市
★12月17日:愛知県安城市
★12月17日:東京都江戸川区
★12月17日:東京都武蔵野市
★12月21日:千葉県富里市
★1月20日:東京都豊島区

譲渡会情報はメールにて広報内容を送ってください。(掲載無料)
動物譲渡の表現について

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2017 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。