獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199803-22

栗田 香代子さんへ
投稿日 1998年3月5日(木)19時58分 ムクムク

抗生物質テトラサイクリンはかなり前から使用されていますが、オウム病の
 原因菌クラミジアに対しての作用は今でも有効です。
 かつては飲み水に混ぜて使用されてもいたのですが、飲水投与では鳥が水を
 飲まなくなったりして効果が不安定なことが分かっています。
 餌にまぶせてしまうと鳥はやはりいやがるのですが、仕方なしに何とか食べて
 くれます。
 実験的には4−5日で排菌が止まりますが3週間投与することが約束となって
 います。 これ以上与える必要はまったくありませんが、一年に一度とか
 半年に一度3週間を1クールとしてテトラサイクリン添加餌を与えることは
 意味があります。 というのは、一度陰性化してもまた外部から感染することが
 あるからです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。