獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199803-74

リプライ:マルチレスになります
投稿日 1998年3月23日(月)13時05分 プロキオン

3月15日のmai さんへ
「犬の生理」についてですが、俗に生理と言っていますが、人間と犬とでは
出血の時期と意味あいが異なりますので、同一視はできません。同じ感覚で
は見ない方が良いと思います。
出血の期間ですが、私の経験では4日〜6週間くらいの幅があります。室内
犬の方が長いようですが、これも飼育者が身近で観察しているためだけかも
しれません。本当の所は個体差しかないのかもしれません。
ただ、あまり長く続く子は子宮蓄膿症の危険が出てきますので、注意してお
くのにこしたことはないと思います。

3月20日の ももさんへ
「てんかんと予防接種」についてですが、これは「てんかん」が「真性てん
かん」であるなら、気にされる必要はないでしょう。
疾病の後遺症、とくにジステンパーの後遺症で出現している「てんかん」で
あるなら、とりあえず避けておいた方がベターかもしれません。
犬自身もすでにジステンパーの免疫を獲得しているはずですし、この獲得免
疫による中枢神経への異常な侵襲が発生しないともかぎりませんので。
単に頭蓋骨の大泉門が開いているから「てんかん」の恐れがあると言われて
いるのでしたら、まず問題はありません。この問題で予防接種をいやがる獣
医師もいますが、私の病院では異常が発生したことはありません。

3月20日の城戸先生へ
マスコミによく登場する先生ですが、本人が横田基地を通して密輸している
としゃべっているようですよ。この点については某有名エキゾチックのホー
ムページでも密輸ワクチンの接種に反対していますし、別の著名な先生も密
輸ワクチンは輸送途中の温度管理がなされていないはずなので効果に疑問が
ある(失活してしまっている)と著書のなかで述べています。
問題の先生にはファンや信奉者も多いですが、本人が自分で言っている以上
は処置なしです。庇う義理もないことですし。
この掲示板の訪問者の方には健全な考え方をして欲しいと思います。私自身
はフェレットのジステンパーワクチンは城戸先生と同じ考えです。飼い主と
の間に充分な意思の疎通がなされて信頼関係が成立してから初めて接種する
べきだと思います。金さえ貰えばそれで良いわけではありません。
多くの獣医師は先生に賛同されると思います。
余計なことかもと思いましたが、問題の獣医師に多くの信奉者がいるのが心
配になって、城戸先生の発言を支持する者もいるという意味から書き込みを
させてもらいました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。