獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199803-96

リプライ:肥満細胞腫
投稿日 1998年3月28日(土)13時09分 プロキオン

3月27日の小林さんへ

 肥満細胞腫のタイプですが、少なくとも内臓や消化器型のものではなさそう
ですね。でも足の深部まで侵入しているということですから、腫瘍の切除が目
的ならやはり足の1本は避けられないかもしれません。前腕部や手にできた腫
瘍でも肩からの切断が必要になることが珍しくありません。そこで、足の付け
根が患部であれば、マージンが充分にとれませんので、手術によって断脚を行
っても転移病巣による再発の可能性もあるかもしれません。
 主治医の先生もこの点から放射線を使用したのではないかと推察しておりま
す。10回の放射線があまり効果がなかったようなので、今回の手術も根治を
目指したものではなく、延命や生活状況の改善が目的なのかもしれません。
 したがって、術後の注意事項は「患者と飼い主がどのような関係でどのよう
な生活を送るかということを考えておいて下さい」ということにつきます。

実際上の話としては、体重の7割は前足で支えていますので、後ろ足が1本な
くても歩行には支障がありません。でも、運動量はやはり減少するので、肥満
にならないようにして下さい。
また、付属リンパ節の切除や抗ガン剤の投与等から疾病に罹りやすくなったり、
元気の消失なども見られるかもしれません。
患者本人は3本足の生活にも直ぐに適応してくれるはずですから、このこと自
体はそう心配なさらなくても大丈夫ですよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。