獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-113

マルチレスです
投稿日 1999年1月18日(月)20時57分 ムクムク

Re:インコが死にそう
1月18日発言の今田清美さんへ

 34グラムだった体重が24グラムまで低下しているとするとかなり深刻な
 状況だと思います。 家庭で出来る強制的な給餌となれば流動食、それも
 糖液のような液体になると思います。 スポイドのようなもので時々なめさ
 せて、少しでもカロリーを与えられるといいですが、タンパク質を与えるこ
 とは出来ません。 先生と入院を相談されるようなことも必要だと考えます。

Re:文鳥の総排泄孔脱の処置について
1月17日発言の冨宿 巧先生へ

 総排泄孔脱は巾着縫合されることがよく行われていたのですが、私は縦一
 針縫合でも同じ程度の効果があると考えています。
 局麻は使用していません。 プロカインは鳥にとっては毒性があるとされ
 推奨されていないからです。 鳥の保定に慣れた助手がいるので、かなり
 の外科処置を無麻酔で行っています。
 浅く皮下に針を通し、緩く縫合することで排泄も問題有りません。
 一日から二日くらいで抜糸しています。
 ただこれは脱出した際の処置であり、先生の整復処置と同様の意味合いです。
 習慣性になった場合は腹壁固定を考えなければなりませんが、大型鳥と
 異なり文鳥ではかなり腸壁も薄く腹腔内固定は困難ではないかと私も
 考えています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー3/30まで

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。