獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-132

食べない猫ちゃんへ。
投稿日 1999年1月22日(金)06時37分 トドの親

ともさん、
たいへんですね。
うちの17歳のは血液検査で、ぎりぎり限界の数値
なので、腎臓の血流量をふやす働きの薬を毎日1回飲ませるだけですので、
流動食というのがどんなものなのか、想像つきません。
もし、おかゆ状のものを、ぺちゃぺちゃなめるのであれば、
腎臓が悪いとしても普通の固さのものも、消化できるかどうかは別にして、
口に入れる事はできると思うのですが。
歯肉炎など、口腔の病気を併発していないでしょうか。
わたしは、自分が食い意地がはっているもので、
17歳という、老齢の猫にも、この歳になったら、
おそらく、何を食べても、あまり変わりがない様に思うので、
普通のキャットフードと、本当は腎臓によくないであろう
おやつを与えてしまってます。
口腔に異常がないのであれば、ともさんの猫ちゃんが今まで、
好きだったものを思い出して、ちょっとそれを食べさせてみてはいかがでしょうか。
流動食がきちんと処方されたものであれば、
ある程度はそれだけでもキープできるとは思いますが、
その辺は、やはり、いまの病状を良く分かってらっしゃる先生に
御相談なさるのが安心だと思います。
ちなみに、我が家の猫は、食欲のない時は、
生のとりささみ(刺し身用)、生の和牛の赤身(生食用)、そしてときどき、
人間用のシーチキン、柔らかいナチュラルチーズ、だと食欲がでるようです。
かかりつけの先生は、相談させて頂いた時には、
体力が落ちていて、食欲のない時は、とにかく栄養をつけるのが先決なので、
なんでも、食べられるものだったら与えて良いといわれました。
年齢による腎臓疾患は直ることはないと、いわれましたので、
気長につきあって、猫ちゃんが心安らかにすごされる様、願ってやみません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。