獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-137

下半身不随の猫
投稿日 1999年1月23日(土)03時15分 もも

うちの猫は(オス、11才)足は多少動くものの下半身不随です
平成1年に保護したのですが 脊椎を損傷していたので原因は、多分事故だろう
と言うことでした。
尿はカテーテルを使って1日2回取っています。
そこでお聞きしたいことなのですが、たまに尿の臭いが強く頻尿になり
膀胱炎から血尿になってしまいます。
抗生物質 消炎剤 止血剤を常備していて何度か与えますと症状はすぐ改善されるのですが
やはりカテーテルを使う際 雑菌が入ってしまうのでしょうか
できるだけこの事態を避けたく努力しているつもりですが
どういうところにもっと注意したらいいでしょうか
やり方なんですがヒビテンを薄めた液にいつもカテーテルを入れているのですが
使う時にはそれを、アルコール綿花で拭きキシロカインゼリーをつけます。
カテーテルを導入しましたら注射器を使います
使用後 またカテーテルを元に戻します(けっこう何度も使っています)
本当はその都度 獣医さんに連れて行きたくてしょうがないのですが
本人が異常なほどいやがるのと、こんな身体の子なのでできるだけ
ストレスを、感じさせないようにしてあげたいため、あまり頻繁に連れて
行きたくもないのです。
それを除きますととても元気いっぱいで、暮らしているのですが
たいへん困っています
おしっこのこと以外でもこれからどのようなところに気をつけてあげれば
いいのでしょうか?
私もここまで頑張ってやってきたので是非、長生きして欲しいです
先生方どうかいろいろご助言 お願い致します

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。