掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-141

もうしわけありません
投稿日 1999年1月23日(土)20時02分 うめりん

ポルヨンさんへ。私のできうる範囲で、漢方薬について他の先生方にもきいてみましたが、
申し訳ないです。漢方薬についての知識はえられませんでした。というか、みんな「使った
ことないのでわからない。」と言っていました。
ここからさきはおまけなのですが、(言い訳にちかいかもしれない)去勢手術はお済でしょうか。
というのは、前立腺は精巣からのホルモンの影響を受けて成長しますが、高齢になるとこの精巣からの
2種のホルモンのバランスが崩れ、「前立腺肥大症」という状態になるからです。通常、小動物の前立腺
疾患の場合、去勢手術と抗生物質投与、ホルモン療法などで改善できることが多いようですが・・・。
膀胱炎については、以前ネコのかたに書いたことがありますが、治療法としては抗生物質投与と、長期
にわたる食事療法でしょう。
緑内障については、どれくらい悪い状態でどのような治療をなさっているか残念ながらわかりませんが、
あまり改善がみられないか、投薬からの弊害のほうが大きいようならば、他の、眼科に詳しい病院や大学
病院等に相談なさってみたらいかがでしょうか。もしかしたら、他にもどこかに疾患をかかえているかも
しれないですし・・・。
ポルヨンさんが「使ってみたい」とおっしゃる漢方薬について知識がないため、あれこれ書いてスミマセン。
ただ、現在の治療にご満足でないなら、転院されるのもひとつの方法だとおもいます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。