獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-146

やはり、食べません。
投稿日 1999年1月25日(月)01時11分 とも

トドの親さん、お返事ありがとうございました。
17才まだまだ長生きできそうですね。うらやましいです。
家の猫も、この腎臓さえ悪くなければ、とても丈夫な猫ですので長生き
したんではないかと思ったりしてます。
流動食は溶いて、針のない注射器で口の横から入れて食べさせてます。
今までに好きだった刺身とか牛肉とか口にもっていっても、舌なめずりのような
風をみせる様なこともあるんですが、たべないんです。
たまには、二人がかりで無理矢理に口に押し込んでも、舌で出してしまいます。
もう最後には、腹がたってしまいます。
先生の話では数値的には、食べる猫もいるとのことでしたが・・。
無機りん?の数値が高いのでたべないのかもともおっしゃってました。
腎臓の血流量を増やす薬は、腎臓の機能を助けてくれるんでしょうか?
少しでも自分の口から食べ物を食べることが出来るようになってくれたら
嬉しいんですけど・・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。