獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-149

>松井さんへ
投稿日 1999年1月25日(月)03時26分 パールちゃん

愛犬を失うつらさ・・・わかります。
失ったことの悲しみと与えてくれた喜びのバランスを取ることができなくて、
どれほど長い日々が過ぎても、それを「思い出」なんて呼べません。
中野孝次さんの名書「ハラスのいた日々」に繰り返し書かれていた「・・・いないという事実」という言葉だけが頭の中をかけめぐります。
人は、日にち薬がその悲しみを癒やしてくれるさ、と言います。
確かにそれはある意味でその通りです。
でも、日にちだけではけして心は癒えません。
私の場合は、「いないという事実」が「いたという事実」に変わったとき、
ドロドロした涙がサラサラした涙に変わるような感覚を感じます。
松井さんの悲しみをますます逆なでするようなことを私は書き込んでいるかもしれません。
許してくださいね。
また同じ獣医さんに診てもらうつもりだと書かれたこと、
こんなことを繰り返してほしくないというメッセージ・・・
獣医さんに対してだけでなく、これを読んだ人への大切な警告だと受け止めます。
お気持ちをこらえて書き込んでくださったことに、お礼を言いたくて、これを書いています。

私は愛するものが眠りについたとき、けして「さよなら」とは言いません。
かける言葉は「おやすみ」です。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。