獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-155

二つの疑問
投稿日 1999年1月27日(水)09時50分 外崎洋二郎

端的に質問致します。
1)意見交換と 犬BBSとか猫BBSは使い分けの基準はどの様なものなおでしょうか?
前者は獣医師と動物愛好家の意見交換、後者は犬愛好家、猫愛好家の意見交換
の場と一応表現され区別がつけられてる様ですが実際はゴチャゴチャなので見る方
も戸惑います。
2)物言えぬ動物に対する医学的人間的対応は本当に動物に取って必要且つ充分なもの
なのでしょうか?
人間の医療過誤については直接医師に責任の訴追が可能でしょうが物言わぬ動物は
飼い主が最終的な判断を動物に代わって行うのですから飼い主にもそれ相当の責任が
問われるのでは無いでしょうか。人間の親権者に子供の監護養育の権利義務があるよ
うに動物の飼い主にも必要な治療かどうか、この獣医に任せて安心かどうか、
私は、余りにも飼い主が安易に獣医に頼り過ぎると言うのか悪い言葉でいえば
面倒くさいから金さえ払えば獣医は何でもやってくれるからと動物の心情より人間的な
心情或いは逃避から無駄な不幸な結果が動物たちに与えられているのではないかと危惧
しているのですが・・・私の考え過ぎでしょうか?

http://www.d1.dion.ne.jp/~saints

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。