獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-232

MIHOさんへ
投稿日 1999年2月10日(水)16時19分 うめりん

獣医師のうめりんと申します。はじめまして。
かわいいさかりの子犬を飼いはじめた方にこんなことをいうのはナンですが、はやく
動物病院につれていってあげたほうがよろしいかと思います。もちろん看病も大事ですが。
というのは、生後2か月から生後3か月頃というのは母親ゆずりの免疫がなくなりだす時期
だからです。パルボやらジステンパーといった病気の名前をきいたことがあると思いますが、
私の経験では、このくらいの時期の子犬が罹患しやすく、重篤な状態に陥りやすいという感が
あります。子犬全部が病気にかかるわけではもちろんないのですが。肉眼では見えませんが、
ウィルスはそこらじゅうにいくらでもころがっています。
まずは健康診断もかねて動物病院に連れていってあげて下さい。そして、症状がおちついて
きたらワクチン接種をして下さい。
ちなみに混合ワクチンは、成犬は一年に一回接種ですが、子犬は数回接種する必要があります。
先生によって若干違ってくるかもしれませんが、私は生後2ヶ月と3ヶ月と4ヶ月に混合ワクチン
を接種して、生後5から6ヶ月でパルボの単独ワクチンを接種しています。
不安を煽るような文章になってしまいましたが、ウィルスに限らず感染症の場合、早く治療を
始めたほうが早く治るのは犬も人も一緒だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。