獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-30

返信 :子猫をひろいました。
投稿日 1999年1月8日(金)08時55分 トドの親

まず、
病院に連れていって、
病気がないか検査してもらってください。
病院で、月齢等の推測はできると思います。
それから、先生と今後のスケジュールを相談することになると思います。(ワクチンや、避妊手術、のみとり薬の処方など。)
お手洗いは、ご飯の側ではない方がよいでしょう。
うちでは、人間のトイレのすみに置いてあります。
慣れないうちは、小猫が、くんくんにおいをかぎながら、
うろうろし始めたら、すぐ、トイレに入れてやってください。
失敗したときは、その、おしっこやウンチを少し
トイレに入れておくとよいかもしれません。
新聞で慣れないようでしたら、市販の猫砂もよいかも知れません。
あれは、あれで、やはり、猫の生理を考えて作ってあるもののようです。
あと、外に出すのか、家の中だけで飼うのか、も決めた方がよいでしょう。 環境によりますが、中だけで飼う方が長生きします。
絶対出さないと決めれば、猫自身は、外の世界を知らないわけですから、でないことによるストレスはないと思います。
ちょっとでも出すのであれば、道路の側で、脅かしたりして
そっちは恐いんだということを刷り込む必要があります。
(それでも、出ちゃうんですけどね。)
冬場は寒いので、湯たんぽなどをバスタオルにくるんだものを入れたかごなどを、用意してあげるとよいでしょう。
小さいときに風邪を引いて、鼻炎になると、けっこうくせになって、
毎年出るようになってしまう子もいるので、注意が必要です。
ここのHPのリンクの中にもいろいろノウハウがあるようですので、
サーフィンしてみると、興味深いと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。