獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-32

奇形だったのでしょうか?
投稿日 1999年1月8日(金)11時01分 ちさと

おととしドアにはさんでしまって亡くなった、セキセイのピーちゃん(♂7さい)についてお聞きしたいことがあります。ピーちゃんは母が孫のためにプレゼントをした小鳥だったのですが、その家はひじょうに日当たりが悪く、またその子の母である姉も仕事で忙しく、日中いないので充分日光浴させてあげられなかったらしく、カゼをひいてしまいわたしの家へともどってきたのです。ぜんぜん元気がなかった時がウソのようにぶわ〜っとものすごくおしゃべりするかわいい元気な小鳥になってひと安心した3年目、上のくちばしが根元からぽろっととれてしまったのです。取れた瞬間は見なかったのですが、ろうまくのところ?からきれいに取れてしまったかんじで、しかも出血が少なかったのでそれで死ぬということはなかったのです。すぐ病院へ行ったのですが、『折れたわけじゃないから、だめだと思いますが・・』と言われ、取れたくちばしに接着剤をつけてなんどもトライしてくれたのですが、やはりろうまくにはくっつかず、そのまま家にかえってきました。それからがたいへんで、なんとかごはんをたべられるようにとシロウトなりに考えて試行錯誤のすえ、えさをすりばちですって、そこにはちみつと林檎やミカンの汁を入れたものをつくりました。それならねばりけがあるので何とか口に入るようで、餓死することもなく(さいしょはごはんが食べられないと気が狂いそうになっていました)、奇跡的に快復して、本人の努力もありむきえさならたべられるようになりました。その後わたしたちの不注意で死ぬまでの4年間、もとどおりのおしゃべりピーちゃんになったのです。死んでしまうまでに3、4mmくらいくちばしは伸びてきていました。
どうしてくちばしがとれちゃったのか未だに気になっています。うちでは奇形だったのではないか・・・ということになっていますが、もしかして違うかもしれないし、インターネットでならなにかわかるかも・・・と思いできるだけ詳しく書きました。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。