獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-56

黄色脂肪症
投稿日 1999年1月11日(月)13時07分 はんちゃん

獣医師の皆様、動物愛好家の皆様、初めまして。はんちゃんといいます。
先生方の意見を伺いたく、書き込みます。宜しくお願いします。
私は現在、フェレット3匹と猫2匹を室内飼いしています。
その猫の1匹(ことら、98.3生まれ)が、タイトルの通り「黄色脂肪症」になってしまいました。
去年の年末頃から急に元気がなくなり、常にうずくまった状態だったのです。
そこで、一応近所の獣医さんに相談に行ったところ、「まだ若いし、病気じゃないでしょう。
高いところから落ちたか何かでぎっくり腰になったのでしょう」と言われ、私自身安心し、その場は帰りました。
しかし、それから4 5日たつと、腹部が大きくなってきたのです。
そこで違う獣医さんに行ったところ、腹水が溜まっていると言うことでした。
うん○も相当たまっていました。これは浣腸一発です(笑)。
その後、獣医さんにいろんな検査をしていただきましたが、原因が分からず、
結局腹部を切開して調べたところ、黄色脂肪症と診断された次第です。
現在は赤血球数も白血球数も正常値に近づきつつあり、順調に見えます。
問題は、なぜこのような病気になったのか、なのです。
食事は、猫用の缶詰しか与えていません。
その缶詰も、決まったものはなく、いろいろ与えていました。
獣医さんには、「先天的にビタミンEを摂取しにくいのかも知れない」と言われました。
ここの先生方に聞きたいのは、この「ことら」のような例は結構あるのでしょうか、
という事なのです。
また、治療法は食事療法なのでしょうが、どのくらいで良くなるものなのか?

長々と書いてしまって失礼しました。
それでは、宜しくお願いします。
http://member.nifty.ne.jp/nekofere/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。