獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-65

猫の黄色脂肪症について
投稿日 1999年1月11日(月)21時26分 うめりん

こんにちは。今年で獣医歴4年になるうめりんと申します。今までで1例だけ黄色脂肪症
と思われる猫ちゃんを診たことがあります。超レアな病気ではないですが、(今のところ)
あまりお目にかかる病気ではないですね。
さて、この黄色脂肪症(汎脂肪識炎ともいう)になった猫ちゃんは、食欲がなくなり、運動
したり触られたりするのを嫌がり、じっとうずくまっているそうです。(「そうです」という
表現になってしまうのは、何せたった1例しか診たことないものですから、専門書の力を借りて
書いているからでございます。)特徴的なのは、抗生物質に反応しない発熱と白血球増加です。
また、お腹を触診してみると硬い凹凸がありったりします。開腹すると脂肪の変色(正常では
きれいなクリーム色なのに汚い黄色あるいは赤褐色になっちゃう)がみられます。
原因としては、やはり食事に起因するところが大きいでしょう。赤身の多いまぐろや魚中心の食事
ばっかりあげているとか、ビタミンEの摂取量が少ないとか、これら2つが重なったりして、起きて
しまいます。市販の猫缶のラベルを見て下さい。もしかしたらビタミンは添加されていると表記されて
いるかもしれませんね。しかし、ただ添加すればいいということではなくて、その添加量は(他の先生
に言わせれば)全然足らないとのことです。赤身の魚は不飽和脂肪酸をたくさん含んでいて、ビタミンE
はこの不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるのです。
治療としては、
1.食事の改善
2.ビタミンE製剤の投与(本には1日100mgとありました)
3.ステロイド剤の投与(開腹手術をしたばかりだったらすぐには使用しないかもしれないので、先生に
相談してみて下さい)
といったところでしょうか。
(他の方法がありましたら獣医の先生方、ぜひ教えて下さい)
以前私が診た、たった1例の猫ちゃんは、発熱が治まり食欲がでてくるまで5日くらい入院させて、
ビタミンE製剤とステロイドの内服とを渡し、食事を変えるように指示して帰した記憶があります。
どれくらいの期間で完治するかは、その猫ちゃんの状態によってちがってくるでしょう。まずは
食事を改善しないといけないですね。
猫ちゃんも飼い主さんもがんばって下さい。





◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。