獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199908-136

獣医さんへ行くということ
投稿日 1999年8月13日(金)19時50分 ケンケン

私も以前(学生の頃)は病院(獣医さん)へ行くことをためらいました。やはり経済的理由です。
 自分にとって、とても大切な鳥達が具合悪い時、何もしてあげられない自分に対し憤りを感じました。ですから、正直いうと「社会に出るまでは」と割り切って鳥を飼ってました。でも、できるだけ病気にならないよう、病院で教わったことを守って、食生活を改善したり、また、ある程度の設備投資や勉強もしました。
 現在は毎月の積立のおかげで、万が一に対応していけるようになりました。今は過去に救ってあげられなかったコ達の分もあわせて、今いる鳥達を幸せにしてあげたいと思う毎日です。
 「飼い主は一つの命を預かる身である」ということを、これから動物を飼おうという人には強く心に刻んでもらい、また、現在「飼い主」というカタガキを持つ人には再認識してもらいたいです。
 ペットショップや以前の飼い主がどんなに悪くても、一旦迎えた以上は、今は自分が動物たちの命を預かっているのです。
 さとこさんの以前の書き込みにあった「毎日新しい鳥が買えるほどのお金を払って・・・」という文章には泣けました。さとこさんは立派にジョジョちゃんの命を守っている!と思います。
 たぶん、この分岐点は(行き着く先はひとそれぞれですが)動物を飼うすべての人が通る道だと思います(できればみんな幸せな終点へ行きたいです)。ふんばりどころです。お互いがんばりましょう!
 とまあ、説教クサイところが自分の一番イヤなところです。

 りき先生をはじめ、多くの獣医師の先生方、感謝しております。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。