掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199908-340

RE:かぼちゃとヨーグルト
投稿日 1999年8月30日(月)07時47分 ケンケン

青菜を含め、副食を食べない。。。
 人間にも「スキキライ」「偏食」があるように、セキセイインコにもあります。しかし、セキセイインコのムキ餌(もしくはカラ付)のみの食生活というのは人間で言う白米のみを食べ続けることになるのではないでしょうか??
 ですから、あきらめないであの手この手を使って、「おいしさ」を覚えてもらってください。インコに必要な各栄養素は次のとおりです。炭水化物(穀類)、ビタミン(野菜)、ミネラル(ボレー粉、イカの甲)、蛋白質(肉、豆類)、脂肪(穀類、肉)、食物繊維(豆類)でカッコ内はもとになる食材です。

 野菜類
 たしかMKさんのチョキちゃんは生後3〜4ヵ月でしたよね? 野菜の味や、食べ方、歯応えの面白さなどを、まだまだ知らないだけだと思いますので、根気良く与え続けてください。
 くららさんの書き込みにあるような野菜ですが、セキセイインコは「甘味が大好きである」ということを念頭において、食べそうなものから与えてみましょう。ウチでは1羽が野菜大嫌いっこなので、かぼちゃを一度チンして甘味を引き出し、冷ましてから与えてみました。加熱もので味を知ったあと、最初は食べなかった生のかぼちゃを、少量ずつでも食べるようになりました。人参も甘味があるので同様にしてならしていきましたよ。でも、加熱よりも生のほうが好ましいので、なれてきたら加熱ものは与えないでください。
 また、くららさんの挙げられた野菜ですが、たしか、くららさん宅のインコは小桜インコでしたので、はたしてそれら全てをセキセイインコに与えて良いものかは解りかねます。下記の野菜はセキセイインコにとっての非常に好ましいという獣医さんお勧めの野菜です。

 1.かぼちゃ:皮はむきます。ワタは目に見えなくてもカビがいっぱいなことがあるので、ワタと皮を厚く除いた部分を5〜10mmくらいのサイノメ切にしてあげます。

 2.ニンジン:皮をむいて、なるべくアタマのほう(甘いので)を5〜10mmくらいのサイノメ切にしてあげます。

 3.ブロッコリー:つぼみの部分をちぎって与えます。こわがらないようなら直径3〜4cmくらいで与えるとかじりながら遊ぶので、肥満インコの運動にもやくだちます。

 4.キャベツ:鳥によって芯と葉と好みが分かれますが、なるべく青々したところ(鉄分豊富)を与えましょう。

 5.チンゲンサイ:キャベツと同じ
 6.そらまめ、えだまめ(大豆)、グリーンピース:1粒まるごと生で。

 だいたいこんなもんですが、わが家では日替りで与えています。すべて生が一番なのですが、味を覚えてもらうには一度チンしたもの(柔らかいので若い鳥には食べやすい)を試食させてみてください。
 補足で説明いたしますが、セキセイインコがオーストラリアの鳥に対し、小桜インコはアフリカの鳥です。同じインコ科の鳥でも出身も属も違いますので、まるっきり別の生き物と考えてください(生態も異なることでしょう)。そんなわけで、セキセイインコのことについてしかコメントはできませんのでご了承ください(ようするにセキセイインコしか飼ったことがないのです。オカメインコは勉強中)。

 ヨーグルトの件
 うちの2羽いるセキセイのうち、前述の野菜嫌いっこはヨーグルトも嫌いっこです。やはりプレーンだと酸味があるので、ぺっぺっと吐き出してしまいました。誤っても糖分を加えないようにしてください。
 食べないなら獣医さんに相談して、ビフィズス菌を処方してもらうのがいいでしょう。
牛乳は人間も下痢を起こすことのある乳糖が含まれてるので、それがセキセイインコの体にどのような影響を及ぼすかわかりません。

 人間も、インコも偏食を治すのは難しいですねー。
 長々とすみませんでした。お役に立てれば幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。