獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-10

後ろ脚を切断した野良猫を引き取りましたが...
投稿日 2000年3月1日(水)22時08分 ayou

はじめまして。結婚して台湾に住んでいます。
3日前に野良猫を引き取りました。
この猫は、2週間程前に罠にかかり左後ろ脚を人間でいうとくるぶしから下を、
切断しました。病院での手当ても一通り終わり、予防注射も済ませて家に連れ
て帰ってきました。約10ヶ月のメスです。怪我をする以前も人にはなついて
いなかったそうですが、今回のことですっかり怯えてしまっていて、普段はゲ
ージの中でジッと息を潜めるように動かず、ちょっと手を出すと物凄い勢いで
暴れます。餌とトイレの掃除がやっとの状態です。
家にはすでに現在約5ヶ月のメス猫もいます。
怪我をした猫は今、ゲージの中にいれ、普段私たちがいる部屋から少し離れた
部屋にいます。部屋のドアは開けてあり、廊下からすぐに覗ける場所において
あり、時々覗いて名前を呼んであげたりしています。
トイレなどはみんなが寝静まった夜中に済ましていて、食事も私たちが見てい
る前では絶対に食べません。
これから私たちがどのように接してあげれば良いのか、注意しなければいけな
い点や先住猫との関係など、アドバイスいただければと思います。そして、時
間がかかっても、いつの日か普通の家猫として、私たちの家族の仲間入りをし
てくれるか、とても心配です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。