獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-123

犬の避妊手術について
投稿日 2000年3月14日(火)12時11分 mtori

こんにちわ。
雑種犬(メス1歳半と、オス約2歳)を飼っています。
メスは、避妊手術が可能な月齢に達すると同時に手術しました。
オスは先月拾ってきたのですが(ノラだった)、すぐに手術する予定です。
理由は、不幸な犬を増やしたくないからです。
メスはもちろんですが、オスは産まないからということでオスの去勢をしている人は少ないと思います。
しかし、オスがメスと交尾することで子供ができる以上は、オスでもあっても手術して、子犬が産まれる確率を減らしたいと思っています。l
子犬が産まれても、うちでは飼えませんから・・・
責任を持ってペットを飼う以上、その環境にも責任を持とうと思い、手術を決心しました。
また、手術をすることで減る可能性がある病気もあると思います。
わたしがお願いしている獣医さんはとても親切に、いろいろな質問に答えてくださいます。
手術に不安がある方は、積極的に相談されたほうがいいと思います。
不安や後悔を残さないように、ご自宅の事情などで手術する・しないを決められたほうがいいのでは?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。