獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-141

わんきち様
投稿日 2000年3月16日(木)17時33分 トモ

わんきち様
私は獣医ではありませんので、進行形の経験談としてお読みください。
現在4匹のポメラニアンを飼っていますが、そのうちの1匹が5歳になった昨年12月、初めててんかん様の痙攣発作を起こしました。
かかり付けの先生の薦めもあって受けたMRI検査の結果、脳炎の痕跡があることがわかり、発作を抑えるためための薬を服用中です。
幸い1日2回2種類の薬を飲み始めてからは発作は起きていません。
うちの場合一度発作を起こすと重積状態になり、短時間にどんどん重い発作になってしまうので、痙攣を止める座薬も常備しています。
進行性の原因によるてんかん発作でなければ、まず発作を抑えることが第一だと思います。
薬について獣医さんとご相談されてはいかがでしょうか。
また、発作時は意識はありませんし、なにも覚えていないはずです。
歩き回ったりしていても、それはいわゆる夢遊病みたいな状態です。
ですからふらふら歩き回っても危険の無いようにしてあげてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。