獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-146

マルチレスです。
投稿日 2000年3月16日(木)21時43分 ムクムク

Re:教えて下さい!!
3月16日発言のまこちんさんへ
神奈川県内の獣医科大学ですが
このホームページの獣医な大学リンク集
http://www.vets.ne.jp/link/vet05.html
に麻布大学と日本大学がリンクされています。
都内の大学もリンクされていますので参考にしてください。

Re:見守ってあげればいいのでしょうか・・・?
3月15日発言のわんきちさんへ
テンカン発作中ですが、動物自身は意識がありませんので水ハチの中に顔を
入れたりすれば呼吸が出来なくなりますし、発作中は激しく痙攣しますので
体を傷つけたりすることがあります。 これらを注意してあげてください。
あと、あまりテンカン発作が頻繁であるのならコントロールを考えられても
いいように思います。 主治医の先生とご相談下さい。

Re:はじめまして
3月15日発言のちょこさんへ
犬の人間ドックですが検査項目の差はありますが多くの病院で行われています。
特に5月の前後に行われるフィラリア症の予防時に採血を行うのですが、この
血液をフィラリアだけでなく腎臓や肝臓などの検査も同時に依頼することも
可能です。 人の人間ドッグのように胃カメラやバリウム検査のような項目は
必要に応じてという病院が多いです。

Re:ディープすぎ?
3月15日発言のはたのさんへ

現在は犬だけのようなのですが
http://www.dnadatabank.gr.jp/index.htm
一度問い合わせていただけますか。

Re:ゲロってばっかり
3月14日発言の荻原弘子
毛玉対策のゼリー剤は、継続して使用されることをお薦めします。
また、できれば食間、例えば朝夕に食餌を与えているのなら昼にゼリー剤を
与えられることをお薦めします。

Re:教えて下さい!
3月13日発言の孝子さんへ
現在も症状が続いているようでしたら、鳥の診療を得意とされる先生に診て
もらわれることをお薦めします。

Re:ねこのおしっこ。
3月12日発言のねこねこさんへ
ねこのおしっこかけですが、やめて欲しい場所にスプレーするフェロモン製
剤が発売されています。 ケースバイケースではありますが非常に効果的な
場合もあります。
動物病院で入手できますので主治医の先生とご相談下さい。

Re:猫について...
3月11日発言のふくふくさんへ
避妊手術の適期ですが先生によって若干お考えが異なります。
主治医の先生は6ヶ月令でお考えのようですので、そろそろ相談されたら
いかがでしょうか。

Re:嘴のひび割れ原因は栄養不足?
3月10日発言のちろさんへ
ある種のビタミン不足かもしれないし、他の原因かもしれません。
実際の治療では考えられる原因に対して対処することが多く、例えば総合
ビタミン剤を投与する、食餌を改善する、飼育環境をチェックするなど
行われることが多いです。

掲示板設置者として
この掲示板は「意見交換」のネーミングの通り「健康相談室」ではありません。
通常動物病院では、飼い主さんから症状をお聞きし、検査のプランを立て、
検査を実行し、その検査結果から疾病を診断し、治療プランを立てております。
「○○病なのですが、どのような病気なのですか」などは、比較的返事を書きや
すいのですが、「このような症状なのですが何の病気ですか」などは、かなり
特徴的な症状でないと病気一覧も書きにくいです。
特に、すでに先生に診てもらっているようなケースでは、先生との信頼関係を
損なわないように返事を書くのが非常に難しい場合もあります。
また、掲示板では診断が出来ないわけですから、治療法について答えが出ることは
ありません。
私個人としては、異常があればまずお近くの動物病院に行っていただく。
また、診断治療に満足できない場合、他院の先生に診てもらわれることは悪いこと
ではないと考えています。
ネットワークは、診断治療については無力です。
このあたりの点をご理解お願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。