獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-185

しんしん様:セキセイインコについて
投稿日 2000年3月20日(月)16時36分 ケンケン

はじめまして。セキセイ飼いのケンケンと申します。獣医ではありませんが参考になれば幸いです。
 まず「鳥は病気を隠す」という習性があることを覚えておいてください。飼主の目からみて明らかに具合が悪い時は危篤と考えてください。

病名および治療方法
 鳥類も人間同様、詳しい検査をしてからだされるものであるので、書き込みだけでは何ともいえません。
 今回連れていかれた病院というのはきちんと鳥の診察ができる先生だったのでしょうか? 便の中に寄生虫や病原菌がいなくても、体調を崩すことがあります。特に鳥の場合、腸内細菌のバランスが崩れても体調を崩します。できればきちんと鳥を診察できる病院へ連れていくことをお勧めします。

看護方法について
 鳥の看護法の基本は室温を暖めてあげることです。ライトの明るさや数や温度でなく、鳥の羽の膨らみがとれ、全身のラインがすっきり見えるようになるまで温度をあげてください(時に35℃を越えることもあります)。
 病気を隠すという習性上、病鳥は自分が病気であるということを知られるということは、例えよく慣れた飼主であってもものすごいストレスになります。元気が回復するまではなるべく触らず、餌をきちんと食べているかどうかだけをチェックするようにしてください。たった一晩でカゴから出してしまうのは「安静」とは言えません。心配なさる気持ちも良く解りますが、じっとこらえて、表に出すのと、ネオくんとの同居はしばらく我慢してください。
 鳥の「急変」というのは自力で餌を食べられなくなった時に起こります。食べられなくなる=消化器官が働かなくなっているということですので、鳥が餌を食べられなくなると助かる確率がぐっと下がります。
 

 下記HPではセキセイインコに関する情報集を載せています。保温と看護法を掲載していますので、参考になれば幸いです。
http://www2.justnet.ne.jp/~maki/WELCOME.HTM

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。