獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-198

猫のアレルギーに関して
投稿日 2000年3月21日(火)14時07分 三村容子

私は約7歳のメスの猫の飼い主です。
この猫が家に現れたのは6ヶ月たって位だったのですが、その後糞が詰まってしまって手術をして腸を細くしたり、避妊手術をしたり、
何度か麻酔をかけて手術をしています。
そのような事が影響しているのかどうかは、はっきりしませんが、この4年ほど以下のような症状が発生します。1.体を毛がなくなり、血がでるまでなめてしまう。(手、脚、おなか)2.両側のこめかみは、なめられないので手でひっかくのか、毛がなくなり怪我をしたようになる。
特にこの1 2年ひどくなり、獣医さんからステロイドと抗生物質の薬をもらっています。
実際、薬を飲ませると良い方向に向かいますが、薬をやめるとまた悪い方向にいってしまい、この繰り返しです。特に春と秋にひどくなるので、ホルモン異常も影響しているかもしれないし、いわゆるアレルギーかもしれないし。はっきりとした原因は獣医さんも分からないようなのですが。
獣医さんは、アレルギーなのでうまくつきあっていくしかないとおしゃっています。猫のいわゆる「なめなめ病」は、けっこう良くある病気とおっしゃてました。この投稿を読まれた獣医さんや他の方のなかで、同じような症状の猫に詳しいかた、ぜひアドバイスをください。お待ちします。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。