獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-239

何があったら変ってくるのでしょうか?
投稿日 2000年3月23日(木)19時48分 panchi

こんばんわ。久しぶりに書き込みさせていただきます。11月にうちの猫が不信な
死に方をしてから、もう5ヶ月がたちます。ここ最近の書き込みの中に、診断ミス
かもしれないと思ってしまうような書き込みを発見して、悔しくて悲しくて何度も
泣きました。ひとごとではないからです。獣医師の先生方も私達と同じ人間で、
人間は失敗する。ミスもする。と失礼かもしれませんが私は思っています。
治療を受ける動物の体質や種によって異なると思いますが、なぜ、ミスかもしれない
と思えるような事故が起こるときと、事故が起こらないときがあるのでしょうか?
それは、すべて動物の体質の問題なのでしょうか?
先生方は、何があったら、動物の医療ミスかもしれないと思われる事故が防げると
思いますか?何がどう変ったら、惨い死に方をしていく動物が減っていくと思いますか?
動物の医療も人間の医療と同様に進歩しているのではないでしょうか?
まだまだわからない事が多いこともかかりつけの獣医師の先生から伺っています。
獣医師の先生方には全く責任がないのであれば、飼い主が本当に慎重に動物病院を
選ぶことをしなければ、ならないということになってしまいます。
信頼ができなければ、病院をかえろ。と言われると腹がたつ事もあります。
病院をかえれば何も起こらないのでしょうか?
うちの近所には、歩いて20分圏内に動物病院が6件あります。
この6件どこにかかっても信頼が創れ、安心して通うことができたら、
どんなにすばらしいことでしょうか。
でも、病院って、そういうところではないのでしょうか?
そう、思ってはいけないのでしょうか?

私が一番悔しかったのは、うちの猫がかかった先生は、
里親さんに言った死因(急性肺炎)と私達に言った死因(急性心不全)が違っていた事。
そして、どうして起こったのでしょうか?と聞いた時、
『いつもと同じように手術して、いつもと同じように治療したのに、起こったことだから、
原因はわかりません。新しい猫をいただいたのなら、早く忘れてしまいなさい。』と
言われた事でした。こんなにいいかげんなの?とそれでいいの?と思ってしまいました。
そして、その動物病院の隣に、昨年ペット可のマンションが建ちました。
住民が住み始め、犬の散歩をする人が増えてきました。
その動物病院は、今まで窓にポスターを貼ったり、病院の外に掲示板をつけたり、なんて
ことはしていませんでした。それがこの3月に入ってから、インターネットで・・・とか
ペットホテル可・・など、病院の宣伝を急にし始めました。ポスターをガンガン貼って。
この動物病院の獣医に対しては、かなりむかついてます。
かなり意地悪な書き方をします&腹がたって悪化してますが、
この人、雑種のすて猫が死んでしまっただけで、死に対してなんとも思ってないね。
私にとってはかけがえのない家族でも、この獣医さんには何にも関係ないってことだよね。
隣にたくさん患者になるかもしれない動物がいるからって、はしゃいでいるように
しか見えない私です。

読んで、気分を害したかたもいらっしゃるとは思いますが、正直な気持ちです。
先生がたは、何があったら、事故は少なくなると思いますか?
また、動物といっしょにくらす皆様、どうやって、家族の命を守りますか?
私達、家族は命を守る為に、病気を予防する為に、何をしたらよいと思いますか?

私達夫婦は、毎日、おしっこ&うんちの状態・回数チェック。
毛繕いをしているかどうか。箱座りをしていないかどうか。
鼻先の色をみて、湿っいるかどうかを確認して、咳き込んだり、
吐いたりしていないかを確認して。食欲があるかないかもチェックして。
いっしょに遊んで様子を見たり。部屋が乾燥していないか加湿器をつけて。
こんなことをしています。
みなさん、何をしていますか?
先生方、動物の予防医学として何に注意したらよいか?を教えてください。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。