獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-24

マルチレスです。
投稿日 2000年3月2日(木)22時44分 ムクムク

Re:鳩が卵をよく生むのですが・・
3月2日発言のケルビーノさんへ

 卵を抱かせておくと産卵抑制になります。
 偽卵と言って人工の卵もありますので、無精卵ととり替えてしばらく
 抱かせておくのも一方だと考えます。

Re:犬のしつけ
3月1日発言のななこさんへ
 このホームページのイヌリンク集http://www.vets.ne.jp/link/1100.html
 には、しつけについて詳細な解説があるホームページがリンクされています。
 参考になると思いますよ。

Re:トイレが近いんです。
3月1日発言のけいとのははさんへ
>10分間に7〜8回もおしっこします。
 これは明らかに回数が多いと思います。
 膀胱炎など尿路疾患の疑いがあると思いますので、診察を受けられることを
 お薦めします。

Re:猫の腎不全
3月1日発言のhiromiさんへ
 尿毒症の状態にあるとは思うのですが、原因が腎臓機能である場合腎不全と
 いいます。 腎臓機能は再生することがありませんので、人では透析や腎臓
 移植が行われています。(軽度では食餌療法の場合もあります。)
 ネコでは、点滴がよく行われていますが反応しない場合も少なくありません。
 
Re:猫の糖尿病
3月1日発言のMINDYさんへ
 2週間ほど前のCORTISONEは血液検査に特段の影響を与えないと思います。
 興奮での高血糖としても少し高いように思います。
 先生は尿検査を薦められているようですが、綿花に湿してビニール袋に入れ
 採取後すぐに病院にもって行かれると簡単に検査できます。
 そのような方法も主治医の先生と相談されてはいかがでしょうか。

Re:山吹ボタンインコの巣箱について
2月29日発言のfuji toshiyukiさんへ
 巣箱はインコの日常生活には必要ないです。

Re:トリコモラス
2月29日発言のkissyさんへ
 おそらくトリコモナスのことをおっしゃっているのではないかと想像してい
 るのですが、トリコモナスだとすれば飼い主さんへの感染はあまり心配ないと
 思います。

Re:オウムに詳しい方、お返事下さい。
2月28日発言のみわさんへ
 羽毛疾患の疑いがあると考えます。
 やはり、鳥の診療に詳しい先生に診てもらわれるようにお薦めします。

Re:愛犬の糖尿闘病について。
2月27日発言のKimiさんへ
 首の後ろというのは、おそらく皮膚をつまんで皮下注射するように指導されて
 いるのではないかと想像しているのですが、筋肉注射に比較して皮下注射の方が
 はるかに疼痛が少ないです。
 先生の指導通り、皮下注射に慣れられるようにお薦めします。
 注射器は一般に使用されている物です。

Re:パルボについて 
2月26日発言のようたんさんへ
 パルボウイルス感染症はイヌパルボウイルスによる感染症で、嘔吐や血様便
 脱水、白血球の減少、子犬では心筋炎がみられることもあります。

掲示板設置者として
この掲示板は「意見交換」のネーミングの通り「健康相談室」ではありません。
通常動物病院では、飼い主さんから症状をお聞きし、検査のプランを立て、
検査を実行し、その検査結果から疾病を診断し、治療プランを立てております。
「○○病なのですが、どのような病気なのですか」などは、比較的返事を書きや
すいのですが、「このような症状なのですが何の病気ですか」などは、かなり
特徴的な症状でないと病気一覧も書きにくいです。
特に、すでに先生に診てもらっているようなケースでは、先生との信頼関係を
損なわないように返事を書くのが非常に難しい場合もあります。
また、掲示板では診断が出来ないわけですから、治療法について答えが出ることは
ありません。
私個人としては、異常があればまずお近くの動物病院に行っていただく。
また、診断治療に満足できない場合、他院の先生に診てもらわれることは悪いこと
ではないと考えています。
ネットワークは、診断治療については無力です。
このあたりの点をご理解お願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。