獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-245

スナッフル症状と帝王切開
投稿日 2000年3月23日(木)23時24分 にゃおみ媛

プロキオン先生、またまたありがとうございます。m(._.)m
ウイルスが種火になって、体力などが落ちてパスツレラ菌が異常繁殖し...
って構図なんですね?

ところで、RVHDだと、やはり積極的な治療はできないんでしょうか?
「動物のお医者さん」のヒヨちゃん(鶏)がインフルエンザの際に
栄養剤の注射をうけるだけになったように...?

うさぎ倶楽部のHPには、
「平成6年に北海道のミニ動物園で飼育されていたうさぎが39羽短期間のうちに死亡したのが初めての例。 」
とありますが、RVHDは、今では広く拡がった(拡がる可能性のある)病気なんでしょうか?
なんか、質問ばっかりですね。

あ、で、質問ついでに獣医さんやうさぎ飼いの方に質問をさせていただきたいのですが、
うさぎで帝王切開を経験された方はいらっしゃいますか?
友人宅のうさちゃんが、妊娠して38日を過ぎても(今日は40日目です)出産せず、
エコーで1匹の胎児がいて、心臓が動いているのも確認されたそうです。
うさぎでも帝王切開での出産と、その後の育児は可能でしょうか?

月齢の少ない、小さい胎児なら吸収されるのでしょうが、
今更母胎に吸収は無理ですよね?
もしご存じの方がいらしたら、教えてください。よろしくお願いします。m(._.)m

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。