獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-274

お悔やみ申し上げます
投稿日 2000年3月26日(日)12時39分 panchi

こんにちわ。
オラ様
亡くなったわんちゃんの御冥福をお祈りいたします。昨年11月、私達家族も愛猫を
避妊手術後、3日で亡くしました。突然おそった死を受け止めることが出来ず、
泣く日々が続き、自律神経失調症になったり。弁護士への相談もしました。
その時の回答は、器物破損にしかならないということを言われました。この時、
かなりショックでした。生きているのに、ものとして扱われるのか?
そして、訴えたとしても、獣医は絶対に認めないよ。それどころか、名誉毀損で
訴えられることもある。それを覚悟でやるなら、手続きをするよ。と言われました。
昨年末、動物管理法の改定で命あるのものとして、扱われるようになりましたが、
法律はあっても、私達人間の中での動物に対する意識が変わらなければ、法律は
なんの機能もはたさないのではないかと思います。法律は、ただ、法律なだけです。
私達にとって、命が命であればよいのだと思います。私達の猫が亡くなった時は、
原因もわからない、主治医(獣医)も何がおきたのかわからない。
自分は悪く無い。猫がもともと体調が悪かったのでは?など、言われました。
私は、その獣医が許せないのもありますが、しょうがないでしょう で
片付けられていることを受け入れることができません。
命は命です。医療ミスを犯した獣医が認めその後、その人がどうするかが
この先の動物の命の扱われかたに変化があらわれるのではないでしょうか?
絶対に許せないかもしれませんが、その獣医が今後どのようなことをするのか
を見つづけ、その人を『あなたは命を扱って仕事をしている人だ』と扱い
続けることも必要だと私は思います。涙が出尽くすくらいまで泣いて、
吐き出したいことを全部吐き出して、愛犬の死を引き受けて下さい。
そして、あなたがあじわった経験を今後どのようにするかもあたな次第だと
思います。

はたのさま
お返事ありがとうございます。
返答がかなり長文になっています。が、今日の夜、書き込みをします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー3/30まで

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。