獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-29

脚を失った野良猫のリハビリ
投稿日 2000年3月3日(金)12時32分 ayou

フニャ子さん、メールを下さった岩谷さん、どうもありがとうございました。
みなさんそれぞれに工夫されていて、大変参考になりました。色々と不安があ
ったのですが、勇気が出ました。ゆっくり、焦らずに頑張ります。彼女との接
し方も、様子を見ながら考えて工夫してみます。
実は、もう一つ心配なことがあります。
新猫は左後ろ脚を切断する手術をしてからずっと狭いケージの中にいる為、ま
だ自分の脚のことを理解していません。家に連れて来てすぐ、ケージに移そう
としてうっかり外に逃げ出してしまった時も、逃げたいのに逃げられず、転げ
回ってパニック状態でした。
このような場合のリハビリの方法等ありますか。今はまだ人にもなれていない
状態ですが、どのくらいの段階からどんな風に練習させていけば良いのでしょ
うか。やはり個猫差はあると思いますが...。
トイレへはちゃんと自分で入っています。お医者さんは、自分で方法を見つけ
て解決するから大丈夫、とおっしゃっていましたが、それまでの間、出来るだ
け彼女の心の負担が少ない方法でしてあげられれば、と思っています。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。