獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-310

乳腺がんと諸問題について
投稿日 2000年3月29日(水)00時29分 ベス

私は一人暮らしの女子で猫2匹と共に生活しています。
そのうちの1匹、ベス(三毛メス13、4才)は4年ほど前に乳腺がんが
できました。とうとう2年前、かなり大きくなってきたので
手術を決行しました。が、ものの2、3ヶ月で再発。
手術前よりも増えるし大きくなるし、と悪い事ばかりでした。
今通っている獣医さんによると手術をすればまた再発し、転移の恐れもある
との事で、私自身も高齢なベスにもう手術をさせたくないので
今まで通り普通に暮らしていました。
が、とうとう左下腹部にできた癌が成長しすぎ、皮膚を破ってきたのです。
今は消毒液をぬりその上に粉の薬をまぶし、もちろんエリザベスカラーもつけ
ひたすら傷口が乾き、かさぶたができるのを待っています。
が予測もしなかった大問題が起こったのです。
左下腹部の傷はベスが座った時ちょうど左後ろ足の甲の部分にのっかります。
そしてその甲の部分にはもちろんその消毒液と粉、そして湿ってくる
傷口がもろに乗るわけです。結果、2、3日で足の甲は薬などによって
ガビガビになってしまいました。
お湯でふやかして洗ってあげればよかったのですが、せっかく乾きかけて
いる傷口が水にぬれてしまう事や、水の嫌いなベスにこれ以上イヤな
思いはさせたくないという人間の勝手な思いでたまに消毒液で拭くだけに
とどまっていたのです。
がしかし今日仕事から帰るとなんとベスはその足の甲のガビガビを全部
むしりとっていたのです!!!甲の皮膚がむきだしになっているんです。
しかも傷口からでている膿みのせいか、毛の少し残ったつまさきあたりから
異臭がするのです。
なぜこうなるまでベスの気持ちに気付かず放っておいたのか、
声を上げて泣いてしまいました。
一人暮しゆえ自分の事で精一杯というのもあったし、日に日に弱って行く
ベスをみるのが辛い、というのもあり、私は見て見ぬふりをしていたのだと
思います。本当にベス、ごめんなさい。
明日はもちろん仕事から帰ったらすぐ獣医さんに連れて行くつもりです。
が、色んな方の意見も聞きたいのです。
病気の猫と暮らしている人はどう対処していらっしゃいますか?
特に一人暮しで時間の余裕、金銭の余裕のない方は?
そして、ベスのこの足の問題はどうしたらいいのでしょうか?
教えて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー3/30まで

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。