掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-323

膝蓋骨脱臼について
投稿日 2000年3月29日(水)21時17分 LOVE

犬種:ロングコートチワワ メス・2.0s・1歳3ヶ月
数日前より左足をびっこひく様なしぐさがあり、病院へ連れて
行きました。(平気で走り回っている時もあります。)
触診の結果、膝蓋骨脱臼と十文字靱帯の片方が切れているか
も知れないと言われました。先生から、手術することを勧め
られ、左足だけでなく右足も弱いので、両足手術した方が良
いと言われました。
小型犬には多い膝蓋骨脱臼ですが、手術することが1番良い
方法なのでしょうか?何か他の治療策はないでしょうか?
このまま、何も処置しないでいた場合、将来的な問題はある
のでしょうか?(歩けなくなるなど)
また以前、獣医さんへ行った際に、チアノーゼの症状が出た
ことがあり「心臓が弱いのではないか?」とも言われたこと
があるのですが、手術の際の麻酔など危険はないのでしょうか?
(手術を勧められた先生にその旨お伝えしたのですが、何も問
題はないというお返事でした。)アドバイス頂けたらと存じます。
よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。