獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-343

Re あんどう様
投稿日 2000年3月31日(金)03時24分 まき

まぁ、そうカッカなさらずに。誰も「自由に歩くな!!」とは言ってませんよ。
私の「怒りの毎日」と言うのも猫でなくそうさせてしまった人間に対してです。

ぴーさんの「野良が車庫の中に入って困る」と言う大変恐縮された質問は
読んで分かる通り、こうしてワザワザ動物関連のサイトに
訪ねて来ると言う人は、ほとんどいないのでは?
あえて動物の事を良く知る人達にアドバイスを求めて来たのでしょうから
良い機会だと思います(私達も注意等伝えられるし)

またナデイアさんの話は、ぴーさん側の立場で
今度は私達に分かりやすく実例をワザワザ説明してくれたのだと思いませんか?
それを頭ごなしにキツク言っても余計に何かと立場の弱い
動物達をリスクに負担かけてしまうだけですよ。

いくら言っても分からない人はわかんないのです(特に動物嫌いの人間は)
しかも動物に対しての価値観は、さまざまなのを強引に押し付ける事は
余り利口なやり方ではないのでは?(余計うまくいかないと思う)

私だって、あんどうさんの言う事には同感です。しかし冷静に客観的に
見つめてみるとキレイ事ばかりでなく違う角度での意見もあって良いと思う。
現実的に考えて嫌いな人や苦手な人また動物を知らない人達と向かいあい
話し合う・・・そこから何とか良い方向に持って行く事が
私達ぺット愛好家の勤めではないのですか?(それは、あんどうさんが一番
良く分かってる事だと思うのですがね〜・・・)

>ご自分の貴重品が傷つけられるのがお嫌いでしたら、誰にも(動物も含む)
 触れられない様になさったらいかがでしょうか?
言われなくても、それは本人が一番よく分かってる事と思います。
しかし、ここへワザワザ質問されに来たと言う事は、どう言う事なのかを
まず考えてあげて!扉だって「つけなさい」と簡単には言えますが
わざわざ動物のいない人が(嫌い・苦手は尚更)動物の為に、はたして
ジバラ切ってまで対処しようと思うでしょうか?
付けたくても賃貸の場合は無理です。色んな不都合だってでてきて
付けられないと言う人もいるかも知れません。
(扉の件は、あくまでも一例かも知れませんが)

・・・それから「猫の爪あとごときで心が狭い」と言う事に対してですが
ご自分のぺットがご自分の物を傷つけられたのは
飼い主の責任で仕方ない事ではないでしょうか・・・。
ご自分の可愛いぺットの爪あとと木の枝では気にならないのも当然です。
質問されてる方やナデイアさんの知人の話の事を言いたいのでしたら
全く違う立場のご意見になってしまいませんか?とても良心的な方々の様なので
良かったですが中には虐待で対処し兼ねない人間だっているかも!
もっと相手の立場になって考えて「違うんですよ〜こうなんですよ〜」と
アドバイスしてあげてはいかがでしょうか?(ぺット愛好家の私にですらコレは
意地悪なアドバイスに聞こえたもので・・・)そんなにトゲトゲしく言わないで
あげてください(あんどうさんの仕事?!も半端でなくキリが無い位、大変
なのも分かりますが)

動物に対して理解ない人に対してこそ
その人達が何故そう思うのか等考えて行きながら
良い方向に取り組んでいければいいですね。

人も犬猫と同じ動物で特別えらい生き物ではないのです。
神が人間だけに与えてくれた脳だけが発達して
他動物を、いつのまにか支配する様になっただけ。
それを何かとんでもない勘違いした身勝手過ぎる動物は他に例をみません。
そう言う事を踏まえた上で、やってくべきではないでしょうか・・・。

PS:あんどうさんのHPにも訪れてみたいと思いますので
   その時は、よろしくお願いしま〜す。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。