獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-7

ココアさんへ
投稿日 2000年3月1日(水)16時44分 ひさ

はじまして。
投稿を読ませていただきました。私の家には二匹の犬がいましたが
今月に二匹とも病気で突然亡くなってしまいました。今、家族ともども寂しい思いを
しています。今から思うと、ああしてあげればよかったとか後悔もたくさん
あります。でもたくさんのやさしい気持ち、思い出を残してくれました。

一匹はシェルティでしたが、やはりすごく食べることになると
目が変わってしまうくらいでした。でもそれは犬としては当然のことだと
思いますし、獣医さんがいうにはストレスからくるものもあるそうです。
もちろんおやつをあげる人には、すぐに走っていきましたよ。
ある程度叱ってあげてもいいと思います。何でも、どんな人から与えられた
物を口にすることは時には危険なこともありますし。

そして留守番に慣れている犬はいないと思います。その犬達もやはり留守番は苦手でしたよ。
大好きな飼い主と少しでも離れている時間が、彼らにとっては悲しいんだと
思います。
犬を飼う資格がないなんてそんな悲しいことをいわないでください。
そのポメラニアンをはじめて目にして手にとった時の気持ちを忘れないでください。
そして自分の気持ちを犬に押し付けるのではなく、犬の気持ちも大事にして
あげてください。
たくさんの中から出会えた飼い主とわんちゃんです。がんばってくださいね。







◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー3/30まで

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。