獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-88

愛犬(パピヨン)の白血球の事
投稿日 2000年3月10日(金)00時42分 よう

こんばんは、初めてカキコ致します

4歳になるパピヨンを飼っているのですが、今年始め位に体に触ると
痛がったので、病院に連れて行きました、それは「軽い椎間板ヘルニア」と
診断され直ぐに良くなったのですが、その時の検査で白血球の数がかなり
多いとの事で、その後何度も通院してお薬(抗生物質)などを頂いたの
ですが、一向に減りません。

薬の投与でも改善されないので、暫く様子をみる事になったのですが
3週間位前から、毎日胃液を吐く様になり、病院に行きましたら
「白血球が多い事とは関係ない」と云われ胃薬を頂いてきたのですが
それでも毎日吐いています(相変わらず白血球の数は減っていない様です)

お医者様は原因が全く判らないと仰っていますが、どなたか似たような
症状を経験された方か思い当たるお医者様がいらっしゃれば、教えて
頂けると嬉しく思います。
(ちなみに白血球の数は4万位で、毎日食事や散歩はします
体重が300gほど減ったのでかなり痩せてきましたが、比較的
元気に見えます)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。