獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200212-140

教えて下さい。
投稿日 2002年12月25日(水)03時30分 miu

はじめまして。
私は16歳の雑種の犬を飼っていたのですが、先日死んでしまいました。極度の貧血を起こし、呼吸が荒く立ちあがれない状態になり、病院に連れて行ったのですが、だめでした。
病院で、まず獣医さんは酸素をかがしたのですが、うまく吸い込むことが出来ず、鼻から管を通して直接酸素を送るようにしました。その後、強心剤を打ったのですが、少しすると痙攣がおこり、呼吸が止まってしまいました。そして獣医さんは自発呼吸が停止したと言って、心臓マッサージをしました。それとよく分からないのですが、心臓が止まってしまった為か電気のようなものも通しました。でも、結局駄目でした。
家に連れて帰り、少しすると犬の口から大量の血が出てきました。たぶん、心臓マッサージの時かなり強くしていたのが原因だと思うのですが…。
病院ではパニック状態だったので、後から考えて思ったのですが、強心剤が16歳の高齢には強すぎたのではないか、とか 獣医さんは自発呼吸が止まったと言っていましたが、人工呼吸とかはしなかったのが気になっています。死んでから血をはいたのも、もし持ちなおしたとしてもこんな大量に血を吐く状態では助からなかったのではないか、とか。
専門的なところから見たら、どうなのでしょうか。教えて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。