獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-140

皆さんのご意見をお聞かせ下さい
投稿日 2003年2月13日(木)14時23分 おくちゃま

今回非現実的なことが実際に起こっているので皆さんがどのように思われるかお伺いしたく投稿いたしました。
実は私の知人がある民家の庭先でタヌキとともに残飯をもらっている奇妙な動物を目にしました。
その村の住民曰く、「2年ぐらい前から姿を見るようになった。その頃は10匹位いたが、今は3匹位しかいない。
穴を掘るくらいで悪いことはちっともしない。村のあちこちでタヌキと一緒に餌を食べに来る。」
その動物は日本では自然には生息していない、南半球からやってきた動物です。
村の皆さんはその存在は知っていますが、具体的に元々どこに住んでてどんな生活をしている動物かは知りません。
「タヌキとはなんか違う動物みたいだな・・・?」という感じです。
村のあちこちで餌をもらい、可愛がられています。
また通常その動物は一度に1匹しか子供を産みません。
急激に日本の生態系を脅かす程繁殖するとは考えにくいです。
さてそこでお伺いしたいのですが、このまま村で自然にいなくなるまでそっとしておいた方がよいでしょうか?
それともやはり保護して動物園で飼育してもらった方が良いのでしょうか?
(一応動物園の方にお伺いしたところ、ペットショップでも売られている動物だということです。)
特に皆様のご意見によってどうこうするということはありません。
保健所の人と一緒に「どうしたらいいかなぁ?」と頭を抱えているところです。
多分このまま何も見なかった、聞かなかったという事にお互いなるのでしょうが・・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。