掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-170

re:子犬の死亡についての
投稿日 2003年2月16日(日)18時59分 あこ

こんにちは。
2匹の犬を飼っています。

実際に犬を飼う前に、一時預かりをした犬の具合が悪くなり(食べない、寝ない)、
ホームシックだろうと思っていたのが、呼吸困難状態になって、
慌てて、休日でも開いている動物病院へ連れて行きました。
病院にて「ワクチンは?既往症は?フィラリア予防は?」と問われても、判らないことだらけ。
その日は入院させて検査してもらうことにしましたが、翌日、死亡したとの連絡。

血液などの検査結果を見せてもらいましたが、特に異常はなかったと記憶しています。
後になって「皮膚病からの敗血症、アジソン病では?」との意見も戴きましたが。

この件の後、我が家でも犬を迎えるにあたって、どういう基準で選んでよいのか判らず、
私は複数の動物病院に、犬の選び方、迎え方を相談しました。
先の件で、近所の動物病院は、休日には電話応答すらしていただけないので、この懸念もありました。
「電話相談」の時間は、忙しくないであろう時間を選んだつもりでしたが、こういう電話で対応のよい病院はチェックしました。

現在は、かかりつけ病院は夜間対応していただけないので、緊急用として、複数の紹介を戴きました。
実際に訪問して(移動時間と場所を把握)、うち1軒は、院長先生の携帯の番号も戴いております。

年に数回のワクチン、フィラリア検査、健康診断だけでは、普段の状態を知っておいて戴きたいため、
かかりつけには、散歩時に(忙しそうでなければ)寄って体重を計っていただいたり、
トリミング、フード、ハミガキ、フロントラインの購入などで、週に1度は病院へ寄るようにしています。
グッズ購入の相談にも応じていただいております。

子犬を亡くされた方は、本当にお気の毒ですが、このコのためにも、他の方、今後を生かしてあげて戴きたい、です。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、引越しの際に、近所に病院があるかは、重要なポイントですよね?
動物も同じだと思うんですよ。
迎えてからではなく、ぜひ、迎える前から準備をお願いしたいと思います。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。